女性は脂肪がつきやすい体質をもっています。とはいっても、やっぱりついてほしくないのが脂肪ですよね。
脂肪の付き方でわかる太る原因を探っていきましょう。


●あなたはどこに脂肪がついている?

それぞれ違う習慣で生きていますから、脂肪の付き方も変わってくるでしょう。では、どんな風に脂肪がついているのでしょうか?

・上半身に脂肪がついている
腰から上の上半身に脂肪がついている人は食べ過ぎによる蓄積です。
糖分や油分を摂取しすぎないようにしましょう。

・背中に脂肪がついている
背中に脂肪がついている人は、お腹がでっぱっている可能性があります。
お腹が出っ張っていると、背中に脂肪が流れてしまいます。ほぼ肥満体質になりますので、運動をするようにしましょう。

・お腹まわりだけ脂肪がついている
上半身はすっきりしているのに、お腹だけ脂肪がついている人。これはストレスで太っている可能性があります。
ストレス発散ができるように心がけましょう。また、ストレス以外には内蔵脂肪による脂肪の蓄積の可能性があります。
できるだけ運動をして体内の脂肪を燃やすようにしてください。

・お尻と太ももに脂肪がついている
お尻や太ももに脂肪がついている人は、実際の体重よりも大きく見えてしまいます。これもまた体を動かさないことで、脂肪がついてしまったパターンです。また、小麦粉類の摂取が頻繁な場合はグルテンが含まれている食事は下半身太りに繋がります。


●脂肪じゃないけど、むくみによって太って見える場合は?

脂肪じゃなく、むくみによって太って見えてしまっている人もいます。むくみの原因は水分が体内に溜まっているからです。水分を排出しないと、どんどんむくみがひどくなってくるでしょう。
運動や食事制限もむくみ解消になりますが、逆にむくみがひどくなってしまう場合がありますので、消化にいい食事をするようにしてください。


●皮下脂肪を落とす

内臓脂肪よりもたちが悪い脂肪が、皮下脂肪です。皮下脂肪は内臓脂肪よりも、代謝が悪く燃焼しずらい脂肪となりますので、できるだけつけないようにしなければなりません。
摂取カロリーを減らせばいいわけじゃなく、それに加えて栄養バランスのとれた食事にしなければならないんですよ。
大変ですよね。

では、皮下脂肪を燃焼させる効果的な運動についてですが、これは、筋力をつける運動とマッサージとなります。
例えば、ウォーキングもそうですが、それプラススクワットなどを取り入れていきましょう。身体の中の大きな筋肉を鍛えることができるのがスクワットですからね。そして運動のあとはマッサージで優しくもみほぐしましょう。


●さいごに

どんな脂肪の付き方をしたとしても、どのタイプにも言えるのが食生活と運動に気を付けることが大切でしょう。
部分痩せは全体的なダイエットよりもとても難しいものとなります。痩せたいところだけを効率的に痩せることは、簡単にはいかないものです。皮下脂肪が増えてしまうのは、内臓脂肪と同じく過食と運動不足が原因といわれています。
栄養バランスのとれた食事、有酸素運動と筋力アップ、マッサージなどを上手に取り入れて、部分痩せを成功させていきましょう。
すぐに痩せることに期待はせずに、毎日少しずつでもいいので積み重ねていくようにしてくださいね。
胸を痩せさせたくないのであれば、胸の筋力を落とさないようにしましょう。


《食べたいけどダイエットしたい!》そんなワガママ女子にオススメ▼黒しょうがでダイエットサポート!

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)