これから年末年始に向けて、太るイベントが盛りだくさん!!飲む機会が増えたら体重も増えちゃった・・・というのはよくある話(笑)しかし、ダイエット中もめいっぱいイベントを楽しみたいですよね♪
今回は、ダイエッターが知っておきたい「お酒の飲み方のポイント」について紹介します。


【お酒で太るメカニズム】

アルコールのカロリーは約7.1kcal/g。アルコールのカロリーは〈エンプティ―カロリー〉と言われ、「体内に蓄積されないので、いくら飲んでも太らない」というような話もあります。
ですが、エンプティ―(=空っぽ)というのは、糖質・脂質・タンパク質などの「栄養素」を含んでいないという意味で、カロリーが空っぽ(=カロリーゼロ)というわけではありません。

それに、お酒の種類によっては、アルコール以外の栄養素も含まれています。いわゆる「蒸留酒」と言われる焼酎やジン、ブランデー、ウィスキーなどは、ほぼアルコールだけのカロリーですが、「醸造酒」と言われるビール、日本酒 、ワインなどは、アルコールの他に糖質やタンパク質も含まれているので、その分カロリーが高くなります。
なので、醸造酒の方が蒸留酒よりも「太りやすいお酒」と言えますね。ちなみに、チューハイやカクテル、梅酒などは甘くて飲みやすいですが、糖質がたっぷり含まれています。飲み過ぎ注意ですね。ダイエット中は、「蒸留酒」を選ぶように心がけましょう♪

《主なお酒のカロリー》

焼酎ロック(110ml):160kal
ウイスキーシングル1杯(30ml):71kcal
缶ビール1本(350ml):140kcal
日本酒1合(180ml):196kcal
ワイン1杯(100ml):73kcal
梅酒ロック1杯(60ml):97kal

また、アルコールは中性脂肪を増やす原因にもなりますし、脂肪の代謝を抑制する働きもあります。
さらに、アルコールには食欲を増進させる効果もあるので、お酒のおつまみや食事には注意が必要です。
飲むと脂っこいものや、ラーメンが食べたくなりますが、これは本当にダイエットの大敵!!
ここはグッとこらえて、アルコール代謝を促進してくれる「ビタミン・ミネラル、タンパク質」が豊富で低カロリーな食べ物を選びましょう。枝豆や豆腐類、サラダのような豆系や野菜系がオススメです。

そしてお酒だけでなくチェイサーとして、冷たいミネラルウォーターや利尿作用のあるお茶(ウーロン茶・緑茶など)を飲んでおくと、むくみや二日酔い防止になりますよ。
アルコールが体脂肪に変わるわけではありませんが、やっぱり飲み過ぎは肥満の原因に!!


【ダイエット中のお酒の飲み方まとめ】

・醸造酒より「蒸留酒」をチビチビと。
・羽目を外して飲み過ぎないよう、自己コントロールする。
・ヘルシーなおつまみを選ぶ。締めのラーメンには注意。
・チェイサー(ミネラルウオーターやお茶類)で、アルコール代謝&水分代謝を促進。
・飲み過ぎ・食べ過ぎた翌日は、カロリーを抑えた胃腸に優しい食事を。
・休肝日を設ける。

いかがでしたか!?「お酒は百薬の長!!」と言いますが、過度な飲酒は「ダイエット・美容・健康」面に悪影響を与えてしまいます。
お酒の飲み方に気をつけて、年末年始のイベントラッシュを「楽しく&美しく」過ごしましょう!!

 

《いつまでもキラキラと輝いていたい女性のための隠れ家サロン☆private salon~&k》

大阪千里中央のフェイシャル・痩身・ボディートリートメントサロン。女性専用・完全予約制。
プライベートサロンだからできる、高品質&リーズナブル価格なサービスが魅力的♪一人一人のお客様と向き合い、結果を出すことにこだわっています。女性の「いつまでも美しくありたい」という願いをサポートいたします♡


まずはお試し!茶葉お試しセットはこちら

PAK15_saikindeaiganaina--thumb-815xauto-15626
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)