朝ごはん…食べなきゃいけないとは言われるけど、時間がないし…ということでついつい食べずにいたら、そのまま食べない習慣がついちゃったという人も多いのではないでしょうか?
けれど、やっぱり朝ご飯は食べないといろんなところで悪影響が出ちゃいます。

今回は、朝ごはんを抜くとどうなるのかをご紹介。朝食抜きのデメリットを大きいと取るか小さいと取るかはアナタ次第です…。


☆朝食抜きはダイエットに影響が!?

朝ごはんを抜くと糖分が不足し、空腹を感じるようになります。でも、だからと言ってすぐに何かを口にできるわけではないのが現代に生きる日本人の生活。
すると、体は糖分を自力で作り出し、なんとか空腹を回避させようとします。なので、朝食なんて食べなくても平気じゃーん!となるわけです。

でも、ここに落とし穴が。
この緊急時に作られる糖分ですが、実は筋肉を分解して作ってるんですよね~。で、筋肉の有無って基礎代謝と大きく関わっていて、筋肉があればあるほど基礎代謝が激しく痩せやすい体質になれるというわけ。
糖分を作り出すために筋肉を分解してたら、どんどん筋肉量は落ちちゃいます。ってことは、筋肉がなくなっていくと比例して、基礎代謝もガンガン落ちていくってことですよね。

特にダイエット中の人はご用心!
「なかなか効果が出ないな~」なんて思ってたら原因はここにあった!なんてこともあります。朝食抜きダイエットなんかその最たるもの。最初は順調に落ちてた体重も、だんだん落ちにくくなってきて、しばらくしたら元に戻っていき、最終的にはダイエット前より太っちゃったなんて当然の結果としか言いようがありません。
痩せにくい体を作っているのが自分だったなんて…ちょっとショックですよね。


☆朝食抜きは体臭にも影響を与える!

朝食を抜くとケトン体と言う物質が増えます。ケトン体が増えると、体臭&口臭がきつくなる傾向が!
最近、若者の体臭&口臭がきつくなってきた、食事の欧米化のせいだ!なんて言われてますが、朝食抜きも絶対に影響してると思うんですよね。女性にとって臭いってかなりのダメージのはず!
憧れのあの人に「臭い!」って思われたくないなら、朝食はしっかり食べるようにしましょう。


☆頭をはっきりさせるためにも糖分を摂取

先述したように、朝食を抜くと糖分が足りず、カラダは筋肉を分解してまで糖を作り出そうとします。糖がなぜ必要か?それは体を動かすためのエネルギーだからに他なりません。
私たちの心臓を動かすためのエネルギーも呼吸をするエネルギーもそうですし、その他生きていくために必要な働きを支えているのも糖です。その糖が足りないと、脳を動かす分が足りずに頭がぼーっとしてしまいます。
そのため、集中力や記憶力の低下がみられるようになり、学業や仕事にも影響を及ぼすことになってしまいます。

ぼーっとして出来の悪い女性って魅力的でしょうか?集中力のない女性って憧れますか?NOですよね?
きちんとしている女性こそ美しいものだと思いますし、憧れもするのです。朝食を抜いて魅力半減なんてもったいないと思いませんか?


☆たった一回や二回の朝食抜きが与える影響なんてたかが知れています。

けれど、常習してしまうとどうしても弊害が起こりやすくなり、女性としてはデメリットだろうと思われる影響を受けることになるでしょう。朝食抜きダイエットなどもありましたが、そんな生活は今の社会のリズムに合っていないのですから、あまり真に受けないようにしましょう。
もちろん、ドカ食いしろとは言っていません。とにかく何かしら口に入れるようにすればいいのです。朝食に関しては量はあまり気にしなくていいのです。質を考え、自分のカラダが勝手に糖分生産しないようにすればいいだけのこと。
それだけでいい女が作れるなら安いものですよね♪


これ1杯で乳清たんぱく牛乳8杯分!『毎日たんぱく』

YMD68_TKG-thumb-815xauto-16383
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)