海外セレブ達の間では様々なダイエット方法が取り入れていますが、パレオダイエットをご存知でしょうか?
パレオとは パレオリシック (旧石器時代)の略で、農耕が発達した約8000年前までの約250万年間を指した言葉で、パレオダイエットとはその旧石器時代の人々の食生活を再現したダイエット法です。

セレブ達だけに留まらず、ボディビルダーなどにも取り入れているという注目のダイエット法なのです。ダイエット効果はもちろんのこと、現代人を悩ませる生活習慣病の予防にも繋がります。
体重を落とすだけでなく長期に渡って続けることでアレルギーが治った、健康診断で出る数値が正常になった、快眠、集中力が増したなど多数の効果も期待できます。


旧石器時代の人々は身体が強く、非常に健康的であったと言われています。
また旧石器時代以降の約8000年間の間で人間の遺伝子はあまり変化していないという事がわかっており、現代人がその時代の食生活を行っても支障がないとっても言えます。
原始人が行っていた自然界に存在する物だけを食べる食生活は、我々人間の身体にとってはとても望ましい事なのです。
旧石器時代の食生活を実践することによってその時代の人々のような、健康で強く皮下脂肪の少ないボディを手に入れることができるのです。

では具体的な食事はどのようなものでしょうか。原始人の食事を取り入れて炭水化物を減らし、肉と魚と野菜を食べるのが基本になります。

◆パレオダイエット中に食べてもOKな物、NGな物

・積極的に取り入れたい食べ物

ココナッツオイル、バター、牛脂、ラード、オリーブオイル、アボガドオリーブオイル、お肉、お魚、卵、内臓、野菜、かぼちゃ、人参、蓮根などです。
またおやつやアクセントとして、ベリー系のドライフルーツやマカダミアナッツも食べ過ぎなければOKです。
普段ダイエットではNGである脂肪分ですが、パレオダイエット中は制限する必要はありません。「オリーブオイル」や「アボガドオイル」などは加熱して摂取する事をオススメします。
炭水化物が不足しがちですので、かぼちゃや人参、根菜類などから炭水化物を補うようにしましょう。
ドライフルーツやナッツ類は消化器系に負担をかけてしまいがちですので、ダイエットの効果を早く出したい方は避けるべきです。

・控えるべき食べ物

小麦、お米、玄米、ライ麦、大豆、ピーナッツ、コーン、オーツなどの豆類や穀類には、植物性たんぱく質である「グルテン」や「レクチン」が多く含まれている為避けるべきです。
またじゃがいももグルテンが豊富ですので同様に控えましょう。
マーガリン、キャノーラ油、サンフラワー油、コーン油、大豆油、ベニバナ油などの硬化油は食べないようにしましょう。
砂糖、乳製品も基本的にはNGです。砂糖は精製された食品である為、どうしても甘みが欲しくなった場合は、果物の果糖です甘みを補いましょう。

パレオダイエットはビタミンDのサプリメントの補給は行いましょう。ビタミンDが不足することで免疫力が下がり、ガンや風邪、インフルエンザなどの感染症リスクが上がる事が懸念されています。
原始人とは違い現代では日光に当たる時間が少なくなっており、体内でビタミンDの合成される量が少なく不足しがちになってしまいます。
環境の違いに関しては現代にある物を取り入れて、サプリメントなどからビタミンDを補給する事をオススメしています。

食べ方も通常のダイエットは異なり、お腹が空いた時に食べて良いので1日5食でも、1日1食でも良いのです。しかし味付けは塩や砂糖を使用せず、香辛料やハーブを使用しましょう。
あとは、週に数回短時間の運動をし、しっかりと睡眠を取ること。暗くなったら眠るようにして目覚ましを使わずに起きることで、ストレスを感じない生活を過ごすように努めましょう。

また甘い物や好きな物が食べられないこと自体がストレスになってしまっては元も子もありません。
そこで、週に1、2回のチートDAYで息抜きをしましょう。チートDAYとは何を食べても良い日のことです。
現代人が今まで慣れてきた食事から離れ、原始時代の食事を再現する訳ですから、今まで食べてきた物の味を知ってしまっている以上完全に切ることは難しいと思われます。

パレオダイエットを行うことでストレスをためてしまっては逆効果になり、ダイエットの意欲へのバランスを保つためにも、週に1~2回の何を食べても良い日を設けましょう。
またこのチートDAYを設けることで普段のパレオダイエット食をより美味しく感じることが出来ます。ですが、ダイエット中だという事もあり、ほどほどにすることを忘れずに。

原始人に肥満はいないと言われており、食事や生活を取り入れより自然に近い暮らしをすることで、健康的にダイエット効果を実感することが出来ます。
パレオダイエットのレシピブックも販売されていますので、そちらも参考にしながら是非試してみてくださいね。ストレスを溜めないこと、1日に何度でも食べて良いこと、ルールを守ればさほど難しいものではありません。
今までの苦しいダイエットは一旦止めてパレオダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。





ayers_rock_562104
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)