先日、「万人向けのダイエット法はない」という研究結果がイスラエル・ワイツマン科学研究所(Weizmann Institute of Science)の研究者、エラン・セガル(Eran Segal)氏によって報告されました。エラン・セガル氏の調査によると全く同じ食物に対する代謝反応に、参加者間で違いがある結果となり、これは「万人向けダイエットはない」ということを示唆するということらしいのですが...

確かにこのダイエット法なら誰でも痩せるという「万人向けダイエット法」はないのかもしれません。しかし、筆者のダイエット経験から考えると「しっかりきちんと食べることが万人向けダイエット」とも言えるのではないかと思います。

筆者は、出産後に体重100kgから55kgにダイエットした経験があり、経験から学んだ効率良いダイエットについてお話しします。


*ダイエットのスタートは「自分を知ること」に限る!

「痩せたい。。。けど食べたい」ってよく言いますが、痩せたいけど食べてしまうを繰り返しているってことは、「食べてポチャな自分を許してる」ってことですよね。筆者は、今から10年前は、「痩せたいけど食べたい...食べちゃえ!」の繰り返しで気付けば、100kg超になってしまいました。100kgあってもしばらくは、太ってる自分を許容してました。というより...正直にいうと100kgあるにかかわらず「太ってる自覚」に欠けてました。
ある日、物を取るためにしゃがんで立ち上がろうとした瞬間、「コロンッ!?」と後ろに転げてしまったんです。太り過ぎて自分の重心が分からなくなってしまっていたようです(笑)。その時、「えっ、私ってそんなに太ってたのっ!?」て衝撃を受けました。自分が太っていると心底、自覚してからは「痩せなきゃ!」と決心は固く、「ダイエット生活」が始まりました。


*太っている今の食習慣・生活環境を見直す!

ダイエットスタートで筆者は先ず、自分の生活を見直すことから始めました。笑ってしまうほどの太るべき生活が浮き彫りでした。なんといってもワンポーション(一人分の分量)が、当たり前に2人分。お腹いっぱいのご飯の後に菓子パン、そしてデザートといった感じでした...
そして、徒歩5分の場所でも車での移動と運動も少なく太る生活そのものでした。生活を見直して直すべき点がわかったら何をすべきか?...当然ですが、改善しましょ!


*一気に改善しない。「小さなことからこつこつ」と変える!そして続ける!

筆者がダイエット経験から学んだのは、いきなり、自分の生活と懸け離れたことに挑戦するのはダイエット失敗に繋がるということです。

自分のライフスタイルを大幅に変えても大変なだけで長続きしません。先ずは、変えても苦痛じゃないことから変えていきましょう。筆者の場合は、和食中心の規則正しい食生活に変え、あえて最初は、過度な我慢を避けて菓子パンやケーキは、和菓子や果物に変え、はちみつ入りのミルクティーは、ソイティーに変え、適度に我慢することから始めました。そして、ある程度なれたら少しずつ、よりヘルシーに変えていきました。


*食べないより理想的に食べる

食べなければ一時的に体重は落ちますが、代謝が下がり「食べないのに体重が落ちない」という悪循環に陥ります。では、代謝を下げない理想的な食事とはなにか? それは、五大栄養素をしっかり取り、且つ、多くの食材を取ることです。五大栄養素とは炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素に加えビタミンとミネラルをいいます。

・炭水化物:体と脳のエネルギー
・タンパク質:体を作る重要な栄養素
・脂質:体のエネルギー源でもあり体の機能を保つ
・ビタミン/ミネラル:三大栄養素の吸収・代謝を助け、体の働きを維持・調整

筆者は、ダイエット中、五大栄養素を毎日しっかり食べることを意識し、特にタンパク質が多めの食事を心がけました。タンパク質は、筋肉を育て基礎代謝を上げるので積極的にとりたい栄養素です。また、忘れがちなビタミン・ミネラルは、三大栄養素と一緒に摂ることで代謝をアップしてくれますので果物や海藻類も大事な栄養素なのです。


*痩せることを諦めないのが、ダイエット成功のカギ!

筆者は、産後100kgから55kgまでダイエットした後もダイエットを意識した生活を継続しています。それは、ストイックに頑張るということではなく、旅行やイベント時には楽しく食べ、多少太ってもリセットすることを忘れないということです。
例えば、旅行で好きなだけ食べたらその後は、1~2週間は、カロリー控えめのヘルシーな食事を心がけるなど...食べてもリセットすることを忘れなければ過度に太ることはないんです。


*絶対、痩せれます!

筆者は、100kgから55kgまでやせましたが、ダイエットする前の約10年間は、思いっきり食べて太ってました。それでも、諦めずにコツコツとダイエットを続ければ痩せれるんです。「このくらい食べてもそんな変わんないよね」的な投げやりを捨てて「この一口我慢しよ」と考えてみませんか?


ご褒美に、砂糖不使用の高級チョコレート



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)