今回はAB型のオススメダイエット法を紹介したいと思います。


◆AB型の効率のいいダイエット方法

良くも悪くもどちらの性質も持っているAB型ですが、少し食事も難しくなっています。B型の血が入っているので、もちろん肉は食べれます。ですが、A型の血も混ざっているので、胃酸が少ないため動物性たんぱく質が消化されにくいなどどうしても難点が出てきたりします。食べ過ぎてしまうと脂肪を蓄積してしまうこともあり得ます。
ただ、逆に植物性のたんぱく質はA型と同じく得意なので、積極的に摂りたいところですね。また乳製品もB型と同じく相性がいいようです。体質に合わない食材などB型に似ているところが多いようなので、B型の得意なものなども知っておくといいかもしれませんね。




◆ダイエット中に避けた方がいい食べ物

A型とB型が混ざったAB型ですが、避けた方がいい食べ物は

・赤身の肉
・ソーセージなどの加工された肉
・白い野菜
・小麦
・小豆

になっています。他の血液型と違って、赤身の肉は合わないようです。どうしても胃酸が少ないことから消化しにくく脂肪が蓄積されやすいため赤身の肉は避けるべきなのかもしれません。特にB型が苦手とする鶏肉は避けた方がいいでしょう。AB型の体質的に赤・黒インゲンはかなり相性が悪いので、どら焼きなどあんこの入ったものは避けましょう。豆類を摂りたい場合は大豆や、白インゲンを食べるようにしましょう。ダイエットとはいえ、それぞれ食べれるものの幅もありますが、苦手な食べ物が多いのもありなかなか、食生活だけでダイエットしようとするのはやめた方がいいかもしれません。


◆ダイエット中に適した食べ物

あまり適した食べ物が無いように思えますが、AB型に適した食べ物は

・大豆製品
・緑野菜
・ベリー系

と言われています。肉系を摂っても大丈夫なB型と、摂らない方がいいA型のどちらの体質も持っているので、出来ればダイエット中は肉類を避けて、豆腐などの 食材でバランスをとっていきましょう。たんぱく質は、なるべく肉からではなく別のところから摂るようにするようにしましょう。豆腐や、魚介類、乳製品など 摂取できる所は意外と多かったりもするので、調べるといいかもしれません。あと、乳製品が大丈夫なのでチーズと一緒に赤ワインを飲むといいでしょう。ダイ エットにアルコールは天敵と考える人も多いと思いますが、AB型は別で赤ワインを飲むことによって胃酸を増やすことが出来たりとプラスになることがありま す。ただし、飲み過ぎると意味は無いので一日に1杯2杯にしておきましょう。


◆オススメな運動

A型B型のどちらの運動でも大丈夫です。ストレスに対しての耐性が一番強いと言われているのがAB型のようで、逆に言えばストレスに耐え過ぎて溜め込んでしまうことが多いようです。ストレスを吐き出す時の対応がA型に似ているらしく、頭と神経を使うようです。その分、AB型にはリラックスすることが特に大事なポイントになります。AB型の性格として、A型よりアクティブなところもあり、運動をしている際に世界に入り込むことも大事なので、時間を忘れて夢中になれるスポーツがオススメです。ゴルフやバレーボールなど、集中力と精神力を高められるスポーツもオススメです。


A型とB型のいいところ悪い所はダイエットや食にも繋がっていて少しめんどくさいダイエットになりそうなAB型。ただ、唯一アルコールを摂取しても大丈夫な血液型でもあります。それに悪い所だけではなく、いいところも引き継いでいることもあります。A型とB型の性質を理解すると効率よく痩せられるかもしれないので、二つの血液型のことを知っておくといいかもしれないですね。


【砂糖不使用の高級チョコレート】

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)