もちろん食べ過ぎてしまったり、運動不足になることで太ってしまうのは当たり前です。しかし、実は肥満になりやすい人には、共通する典型的な性格があるのです。ダイエットが長続きしない人、すぐリバウンドしてしまう人はぜひチェックしてみてくださいね!


のんびりしていて何ごとにも無自覚なタイプ

この性格は、肥満の中でももっとも典型的で割合も多いです。明るくて社交的なので、誰とでもすぐに仲良くなりみんなの人気者です。しかし、自分の都合の良い部分だけをみて、嫌な事や苦手な事は見て見ぬ振りをしてしまうのが欠点です。どうしても楽な方を選んでしまいがちなので、辛いことに立ち向かおうとはしません。また、肥満に対しても無頓着であまり気にしてところがあるので、ダイエットしたいな・・・と言っているのは口先だけだったり、目の前においしいものがあるとダイエットは明日からにしようと自分自身を甘やかしてしまいます。ただし、困難を乗り切るための適応力はわりと高い方ですが、受け身傾向があるので積極的にはなれません。


のんびりしていて何ごとにも引っ込み思案なタイプ

自分の気持ちをなかなうまく現す事ができず人付き合いが苦手です。どちらかといえば消極的なので人前に出たり、あまり出歩いたりせずインドアな上に、柔軟さにもかけるので変わり者と思われてしまう場合があります。自己表現が下手で苦手なので、うつむきがちで行動的ではないため太りやすいようです。困難を乗り切るためのの適応力は高めですが、未熟な部分が多いので長続きしません。


いつもイライラしていて不安定なタイプ

一見、明るく協調性もあり人付き合いも良いのですが、実は人間関係で無理をしていたり、家庭のなかでも孤立していたりと悩みを抱えているタイプです。些細なことで情緒が乱れがちなので、イライラしたりしやすく心の内側はピリピリしている事が多くあります。ストレスに弱いので、困難を乗り切るための適応力は、精神状態に左右されやすくムラがあるのが弱いところです。


いつもぼんやりしていて空気が読めないタイプ

対人関係がうまくいっていない場合が多く、ひとりよがりになりがちのため、孤独でいることが多いようです。周りの状況が変わった時などに、臨機応変に対応する事がとても苦手で、場をしらけさせることもしばしば・・・。感情のコントロールをする力も弱いので、いつもピントはずれになってしまいます。困難を乗り切るための適応力も、未熟な面が多いので、失敗しやすいようです。


困難を乗り切る力で決まる

肥満になりやすい人は、何か困難や壁にぶつかってしまった時に強い意志を持って乗り切れない人が多いので、ダイエットしていてもちょっとしたことで諦めてしまったり継続する事ができなかったりします。自分自身をどうしてもあまやかしてしまうのでしょう。また、困難を乗り切る力を本来は持っているはずなのに未熟であったり、精神状態に左右されやすかったりすると上手くいかずあまり自覚はないのに、気がついたら太っていたと言われる方もいます。しかし、気がついたら太っていたということは本来はあり得ない話しなので、肥満という現実から目をつぶってしまっているだけです。困難を乗り切る力の強さが、ダイエットを成功するためのカギになります。


いかかでしたか?ダイエットを成功させるためには、性格や心理状態も大きく関係してくるので分かっている方が成功しやすいですよね。今回の性格はあくまでもごく一例であり、肥満の悩みを抱えている方の背景の心理的な問題はもっと深く、このタイプだからダメだなどと簡単には決められませんし個人の事情なども絡んでくるので、ダイエットを考えた時にご自身の欠点を探るための参考にしてみてください。


【GRANDPOIR(グランポワール)】

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)