肥満は過剰なエネルギーを貯めこんでしまうことで体重が増えていますが、原因は千差万別であり、複雑な背景が絡み合っています。今回は、肥満になる原因をQ&A形式も交えながら、分析していきます。

◆肥満の主な原因

1.過食によるもの

単純にカロリーを摂り過ぎてしまい、摂取カロリーがオーバーすることで太ってしまう場合と、摂取カロリーはそこまで多くないのに基礎代謝が低いために過食になってしまっている場合があります。

2.食べ方に問題がある場合

生活リズムが乱れていて、一度にまとめて食べることや夜中心の食生活や早食いなど、食事の摂取パターンに問題がある場合には、脂肪を溜め込みやすくなります。

3.遺伝的な要素

体脂肪を蓄える能力は遺伝する場合があり、両親のどちらかが肥満体質だと太る可能性が高くなります。家族全員が太っている場合は、遺伝的な要素もないとは言えませんが、家族全員の食生活が似ているので生活環境が原因のことが多くなっています。

4.運動不足によるもの

あまり体を動かさない人や運動不足になっている人は、エネルギーの消費自体も少なくなりますが、エネルギーを体内に蓄えやすい状態になってしまいます。

5.熱生産障害がある場合

脂肪を燃焼するしくみ自体に問題があり、熱生産がうまく行われていない状態の場合は、太りやすいだけではなくやせにくくなってしまいます。加齢により基礎代謝が低くなり、熱生産が悪くなることも多いのです。その他には、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足、自律神経機能の異常などが原因で起こります。

◆原因を追及する事がダイエットの近道

肥満の原因は1つだけではなく、様々な原因が複雑に絡み合い起こっているので、それぞれで違います。そのため、同じダイエットを行なったとしても、効果が出やすい人と出にくい人の差があるのです。

まずは自分がなぜ太っているのか、いつ頃から太っているのかなどの状況や原因を知り、何が一番効果的なのかという事を考えることがとても大切です。

原因がわからずにただ食事を減らすだけでは、なかなかやせることが難しくなります。原因がわかることでダイエットの効率がグッとあがりますし、効果が出やすくなるため、モチベーションもあがります。ダイエットを成功させるためには、メンタル面の安定は重要なので、まずは原因を知る事からスタートしてみてくださいね。

◆肥満の疑問〜Q&A〜

Q1 子供の頃から太っている場合、やせるのは難しい?

確かに小さい頃から肥満の場合は、脂肪細部自体の数が増えている可能性があるので、減量する事が難しい場合があります。しかし、一番困難と言われているのが、幼い頃から身に付いている食生活です。この部分の改善は、無意識にしみ込んでいるのでなかなか変えるのは大変ですが、逆に問題点をしっかり自覚してゼロから食生活を変える覚悟を持って頑張ることが大切です。

Q2 結婚したとたんに、夫が太り出しています。体質が変わることはありますか?

独身時代に食事の栄養バランスが悪かった場合、結婚してからはしっかりと食事をするようになって食事の量が全体的に増え、単純にカロリーオーバーになっているせいと思います。食事の量や会社で食べているランチのメニューなどを確認して、バランスをとるようにしましょう。体質が変わった訳ではないはずです。

いかかでしたか? 肥満の原因は人それぞれ違いますし、それぞれに原因がありますね。最近は遺伝子検査なども簡単にできるキットなども、簡単に手に入るようです。何をしてもやせないなどで気になる方は、遺伝子の検査や肥満外来なども一度お試ししてみてはいかかでしょうか?

【砂糖不使用の高級チョコレート】


oooh_baby_562566
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)