料理のアクセントや隠し味、臭み消しなどに使われる生姜。生姜紅茶やジンジャーエールなどのドリンクとしても馴染みのある食材です。生姜に体を温める働きがあるのはご存知の方が多いと思いますが、生姜にはまだまだ女性に嬉しい働きがあるんです。

生姜は、日本だけでなく世界各地で古くから料理の食材や香辛料として利用されてきました。中国では「生姜はあらゆる病気を防ぐ」といわれ、咳止め、健胃、冷え性改善、血行促進、解熱、吐き気止めなど、様々な薬効があると考えられています。日本でも昔から風邪のひき始めには生姜湯をのむ習慣がありました。漢方薬の約7割に生姜が使われており、生姜の効能の良さと強さがわかります。

<辛み成分の効果がすごい>

生姜の成分はそのほとんどが水ですが、50種類以上の香り成分と200種類以上の辛味成分が含まれているといわれており、その中でも主な成分となるのがジンゲロールとショウガオールです。

◎血流を良くし、身体を温めるジンゲロール

生姜の効能として最も知られているのが「身体を温める」というもの。これは、生姜を食べることにより血液の循環がスムーズ行われるようになることで血の巡りが良くなり、その結果身体を温めてくれるというものなのです。

血流を良くしてくれるのは、生姜の辛み成分のひとつであるジンゲロール。ジンゲロールは、体内に適度な刺激を与えてくれます。血液の循環がよくなるほか、発汗を高めて新陳代謝を活発にし、内臓全体を活発にしてくれるため、食欲の増進や疲労の回復に効果を発揮します。

◎食欲増進と食中毒予防に働くショウガオール

生姜には、ジンゲロールのほかにもうひとつ代表的な辛み成分があります。ショウガオールと呼ばれ、殺菌力が強く、胃液の分泌を促して食欲を増進させる効果があります。胃液分泌の増加により消化吸収能力を高め、体内の脂肪や糖質の燃焼を助けます。

ジンゲロールの殺菌力は料理にも広く利用されており、お寿司のガリや刺身の薬味に生姜を使うことで魚の生臭さを消すだけでなく、殺菌効果による食中毒の予防も期待できます。

<生姜で痩せる人続出>

生姜ダイエットを知っていますか? 生姜に含まれる成分はダイエットにも役立つため、継続して摂り続けることで体重減少や痩せやすい体作りができてしまうんです。

生姜の辛み成分であるショウガオールとジンゲロールには、血行を良くしてからだを温める他、胃酸分泌を盛んにする作用がありますが、これにより内臓は普段よりも活発になります。内臓の動きが高まると体温も更に上がり、基礎代謝が上がります。生姜は摂取してから約3時間の間、血行促進効果は持続し、糖質などの消費力も高まっています。エネルギー代謝が良くなっている間に有酸素運動をするとよりダイエット効果は高まります。

更に、血流が良くなる事で尿を生成する腎臓の機能も高まります。尿がたくさん生成され、血液にのって運ばれてきた老廃物がどんどん排泄されていきます。余分な水分や老廃物を体の外へ出すことでむくみは改善されるので、太りにくいカラダに近づくことができます。

いかがでしょうか?生姜は冬に注目されることの多い食材ですが、その効果は季節を問わずに取り入れたいものばかりです。女性に嬉しい作用ばかりなので、これからも積極的に料理に使いたいですよね。生姜はスーパーに必ず売っていますし、あらかじめすりおろしてあるチューブタイプのものも販売されています。使用する時にきざんで摩り下ろして使うのが1番良いですが、まずは生姜チューブから使い始めても問題ありません。いつでも手軽に買える食材なので、ぜひ毎日の生活に取り入れたいものです。

酵母と黒しょうがの力、はぴーと

ginger_root
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)