よく噛まずに食べ物を飲み込むように食している人がいます。それを「かっこいい」と思ってやっている人もいるようですが、決してかっこよくもなんともありません。よく噛まない人の方が、美容もできていないしダイエットだって失敗してしまっているってことに早く気づいてほしいものです。

●咀嚼とは?

咀嚼(そしゃく)とは、単に歯で食物をかみ砕くということではなく、食物をよく噛んで砕いていき、唾液を分泌させて食物とよく混ぜ合わせ、呑み込みやすい大きさにして食物の消化吸収を高めることが正しい意味です。

●硬いものから柔らかいものを食べるように

近代人はとても忙しく過ごしていますから、そんな時間がない中でささっと食べられる食事を好むようになってきました。だからこそ、食べるのに時間がかかる「硬い」食べ物ではなく、飲み込みやすい「柔らかい」食べ物に変化して行っているのも事実です。そのため、咀嚼回数がどんどん減っていっているのです。噛むことが面倒という気持ちはよくわかります。ですが、咀嚼にはいろいろな効果がありますから、咀嚼回数を増やしていってみてくださいね。

●咀嚼効果とは?

しっかり噛むだけで、内外的にもいろいろな影響が出てくるのをぜひ知ってください!咀嚼の効果は以下のようなものがあります。

・口内が健康になる

咀嚼は歯や歯茎の健康に大きな関わりがあります。またよく噛むことで唾液が出てきますから、その唾液で抗菌・殺菌作用で歯が強くなるわけですね。また、虫歯や歯周病予防にもつながりますよ。

・がんや生活習慣病の予防

唾液の中には、発がん性物質が作り出す活性酸素を消す働きがあるペルオキシダーゼという成分が含まれています。咀嚼回数を増やすことで唾液がたくさん分泌されますので、ガン予防に効果があります。その他には、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、糖尿病などにも有効です。

・アレルギー性の病気予防

食べ物が未消化のまま腸管に届くと抗原となり、アレルギーを発症する可能性が高くなります。ですから、しっかり噛んで未消化のまま腸管に届くようなことをしないようにしましょう。

・免疫力アップ

噛むことで副交感神を刺激し免疫力を高めてくれます。

・太りにくい体に

味覚が刺激されることでノルアドレナリンを分泌することができます。全身の細胞の働きが活発になり、熱エネルギーが出やすくなり太りにくい体にすることができます。

・美容効果

噛む動作により、顔と口回りの筋肉が鍛えられますから、シワやたるみを予防してくれます。必然的にアゴの筋肉を発達させますから、顔のラインもスッキリさせることができるでしょう。

・脳への効果

脳の血流が増えて大脳が刺激されます。結果、反射神経・記憶力・判断力・集中力が高まる効果が出てきますね。

・胃腸も健康に

物を細かく噛み砕くことで消化を助け、胃腸への負担を軽くしますから、胃腸を健康にすることができます。

・視力アップ

人は物を見るとき、水晶体の厚みを変える事でピントを合わせているのですが、咀嚼筋の近くに目がありますから、咀嚼をすることで目の周りの血行もよくすることができるでしょう。

・姿勢が正しくなる

噛む動作は、顎の筋肉だけでなく、首筋、胸、背中にある多くの筋肉も使っていると知っていましたか? 姿勢も正しく保つことができますよ。

・表現が豊かに

口の周りの筋肉を鍛えますから、表情が豊かになり言葉を発するときも発音がきれいになります。

●咀嚼数をアップするためには

咀嚼数をアップするためには、食材を工夫したり切り方を工夫したりしましょう。調理方法を変えるだけでもさらに咀嚼数が自然と増えます。

●さいごに

ちなみに、切り方などを変える以外に、歯ごたえがあるものを食べるのもいいですよね。例えば、こんにゃくやいか、タコなど、弾力が大きいものはすぐに噛み切れませんから、長く噛み続ける必要があります。噛む力が弱いという人でも、長く続けていくことで噛む力を強くさせることができますよ♪



apple_bite_diet
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)