ふと自分の顔を鏡で見たら、あごが二重に…!いつの間に!?なんていう衝撃を経験した女子は結構多いのではないでしょうか。 二重あごは太って見えるし老けて見える。いい事は何もありません。 そこで、今回はその憎たらしい「二重あご」を撃退する方法をご紹介いたします。 日々あごの脂肪をつまんでため息をついている方、是非どうぞ☆

 

 

心当たりは?二重あごのこんな原因


 

1.姿勢が悪い(猫背)

出典:mainichikirei.jp

 

現代人において最も大きな原因とされる一つです。

猫背特有のあごを突き出す姿勢は、首の後ろを縮めると同時に前の皮膚は突っ張りっぱなし。

皮膚が本来持っている「戻る力」を失う事によってたるんできてしまいます。

 

 

2.表情筋の衰え

 

出典:jp.pinterest.com

 

よく「表情筋を使いましょう!」と言われますが、表情筋と呼ばれる顔の筋肉は20以上。

意識して使うのはとても難しいので、できるだけ毎日を楽しく、表情豊かに過ごす事を心がけましょう。

 

 

3.咀嚼(そしゃく)の数が少ない

 

出典:www.cporganizing.com

 

こちらもありがちな問題です。

現代の食べ物は体内にいいものが多数開発されていますが、重視されているのは「美味しさ」と「食べやすさ」。

どうしても筋肉を使って噛む回数が減少してしまいます。

日頃からよく噛んで食べる事はもちろん、ガムを使って噛む回数を増やす事も効果的です。

 

あご周りスッキリ!簡単エクササイズ


 

それでは、二重あごを改善するための方法をこれからご紹介していきます。

まずは、毎日数分のエクササイズで二重あごが無くなっていく方法。

 

出典:jp.pinterest.com

 

1. 頭をゆっくりと後ろに倒し、天井を見ます。
2. 口を大きく開け、天井に向かって舌を伸ばし、5秒キープします。
3. ゆっくり元に戻します。
4. 舌を元に戻し、上を向いたまま「あ・う」「あ・お」の形に口を大きく動かします。
5. 顔の筋肉がつかれるまで繰り返します。
※これを1日に4~5回以上、やるようにしましょう。

引用:beauty-matome.net

 

ちょっとお手洗いに行ったついでや、お風呂の中、寝る前…など、細々とした「スキマ時間」を使っていくと、割と簡単にこなせる回数なのでオススメです。

習慣化してしまえばさらに長く続ける事ができ、二重あごの予防にもつながります。

 

毎日の「癖」を直すのが、一番の近道


 

エクササイズ以外にも、ちょっとした毎日の「癖」が二重あごの原因になっています。

いくつか挙げますので、是非参考にして下さいね。

 

1.下ばかり向かない。向いたらあごを伸ばすストレッチを

 

出典:jp.pinterest.com

 

スマートフォンを使っている時間が長い人に起こりやすい現象です。

スマホを見ている時は、ほぼ必ずと言っていいほど下を向いて操作します。

それを長時間、長期間続けていれば自然に首にシワが集まり、あごにたるみができてしまいます。

 

現代生活で欠かせないアイテムの一つであるスマホですが、長時間操作したら一度あごを上に伸ばしてストレッチ。

これだけでもシワやたるみの防止になり、ひいては二重あごも防止する事に。

 

 

2.枕の高さや位置を見直す

 

出典:www.j-cast.com

 

成人の睡眠時間は約7~8時間必要だと言われています。

一日の3分の1はベッドの中。

そう考えると、枕の重要性がわかりますね。

 

自分に合った高さの枕じゃないと、寝ている間、首にずっとシワを寄せていることになります。

それを毎日続けていれば、シワはそのまま残り、治らなくなってしまうのは必然。

最近はちょっとお高めですが、オーダメイドで自分のベストポジションを見つけてくれる枕専門店も出始めています。健康面でも大切な枕ですので、見直してみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?

毎日ちょっとした習慣を気を付けるだけで、二重あごも改善します!

もちろん小顔効果につながるので毎日意識して続けてみてくださいね♪



関連記事

・自分に打ち勝つ!お菓子断ちしてダイエットを成功させる方法

・新しい趣味見つけてみませんか?ダイエットにつながる活動4選

・みんなが羨む”くびれ”をつくる上で基礎となる6つの方法