「おやつを食べても太らない夢のような時間があったらいいなぁ~♪」なんて、考えたことありませんか?そこで、おやつの15時が食べても太らない時間ってホント?についてご紹介していきます。ダイエット中の女性にも、美容情報に敏感な女性にも、美しいボディラインをキープしたい女性にも注目していただきたい内容になっていますよ。夢のようなおやつを食べても太らない時間についてまとめてみました♡

出典:minne.com

 

1.おやつを15時に食べても太らないってホントなの?


 

出典:www.excite.co.jp

 

15時はおやつを食べても太りにくい時間と言えそうですよ。

昔から言われている「3時のおやつタイム」は、理にかなっていると言えそうです。

お仕事中でも15時になったら、ホッと一息おやつタイムをとるようにするといいかもしれません☆

 

2.なぜ、15時におやつを食べても太りにくいの?


 

出典:mamari.jp

 

同じおやつを食べても、食べる時間によって太りにくかったり、太りやすかったりするなんて不思議ですよね。

3つの大きな理由をピックアップしてみました♪

 

 

・BMAL1が少ないから☆

 

出典:www.yakin-life.net

 

みなさん、「BMAL1(ビーマルワン)」って聞いたことがありますか?

BMAL1は、体内の活動リズムを正常にする役割をしているたんぱく質のひとつです。

BMAL1は、脂肪を蓄積する機能があるのですが、1日の中で脂肪を蓄積する機能が一番弱い時間が15時なんです。

ですから、15時におやつを食べても太りにくいというわけなんです☆

 

 

・血糖値が下がるから☆

 

出典:mag.onyourmark.jp

 

血糖値を下げる働きをしているのは、インスリンです。

そのインスリンを分泌しているのが、膵臓になります。

そして、膵臓の働きが、1日の中で一番活発になるのが15時と言われています。

インスリンの働きが活発になる15時に血糖値が一番下がると言われているんです。

 

血糖値が下がるということは、血液中の糖の数値が下がっているということになります。

このとき、体内では脂肪を分解して糖を作ろうとするので、痩せやすい時間ということになります。

ですから、15時におやつを食べても太りにくいというわけなんです☆

 

 

・体温が上がるから☆

 

出典:dietbook.biz

 

だいたい15時から18時の間、人の体温は高くなると言われています。

体温が高くなると、代謝が活発になり、消費カロリーも高まります。

消費カロリーが高まる時間におやつを食べても太りにくいというわけなんです☆

 

3.逆に太りやすい時間も知りたい!


 

出典:dietrooms.com

 

太りにくい時間がわかったら、逆に太りやすい時間も知りたいと思いませんか?

そして、その時間に食べるのは避けたいですよね。

 

ズバリ、22時以降が食べると太りやすい時間になります。

そして、22時以降が太りやすい時間になる理由にも、BMAL1が関わっています。

1日の中で22時以降からBMAL1の脂肪を蓄積する機能が強くなるからなんです。

それも、太りにくい時間とされている15時の約20倍まで増加するというのですから驚きです。

 

BMAL1の脂肪を蓄積する機能が一番強まる時間は夜中の2時ですが、22時以降からどんどん強まるので、22時以降は食べない方がいいですよね。

どうしても、食べないといけないときには、炭水化物は避けた方がいいでしょう。

 

あまり聞き慣れないBMAL1ですが、影響はかなり大きいようです!

 

4.食べても太りにくい時間でも気をつけること★


 

出典:any-stress.com

 

おやつを食べても太らない時間だからと言って、過食するのはNGです。

たくさん食べてしまったら、摂取カロリーが増加してしまいます。

また、食べ過ぎは、胃腸に負担をかけてしまうので、体に悪いですよね。

カロリーオーバーにならないように、健康的に食べましょう★

 

 

いかがでしたでしょうか?

15時がおやつを食べても太らない時間っていうのは、ホントでしたね。

ちゃんとした理由があるので、安心しておやつを食べることができます。

これからは、小腹が空いてストレスを溜めるより、食べても太りにくい15時におやつを食べる方が体にも心にもいいですよね。

ぜひ参考にしてみてください♡



関連記事

・痩せるヒミツは食事の順番!食べ順を変えて痩せやすいカラダを作っちゃおう

・これなら続けられる!100グラムダイエット♪

・目指せすっきり太もも!自宅でできるトレーニング方法☆