春夏に向け、ダイエットをスタートさせた人も多いはず。しかし、運動も食事制限もしているのに、なかなか痩せないという人もいるのでは?それは食事の摂り方に原因があるのかも。今回はダイエット効果をウンとアップさせることのできる「ダイエット中の食事の摂り方」をご紹介しましょう!

1.まずは「太らない食べ方」をマスターしましょう


 

出典:www.photo-ac.com

 

食事量を減らしているのになぜか痩せない。

これは「太らない食べ方」をしていないからです。

太らない食べ方の基本は規則正しい食生活。

 

食事量を減らすために朝食は抜いているという人もいるのでは?

確かに食事量を減らせば一時的に痩せることもあるでしょう。

しかしこの食べ方をしていると、いつもより食べ過ぎた時にすぐに元の体重に戻ってしまうというデメリットがあります。

 

2.3食きちんと食べるのが基本です


 

出典:jp.pinterest.com

 

食事と食事の間隔をあけすぎると、体は1回の食事で全部のエネルギーを吸収しようとしてしまいます。

そのため、高カロリーなものを食べれば全部体に吸収されてしまうのです。

食事は3食が基本です。

時間帯は朝は6時から7時。

昼は10時から11時。

夜は16時から17時ごろに食べるのがおすすめ!

 

どの時間帯も食事の時間帯にしては早めなのですが、この時間帯は血糖値が一番下がる時間帯なんです。

血糖値が下がるタイミングで食事を摂ると、消化がスムーズになり、太りにくい食べ方をすることができます。

 

3.食べるものの「成分」にも注意しましょう。


 

出典:jp.pinterest.com

 

食べ物には炭水化物やタンパク質などの成分が含まれています。

これらの成分をいつ、どのくらい摂取するかによって太り方を調整することができます。

体はエネルギー源の炭水化物がなくなると、脂肪を燃焼してエネルギーとして使い始めます。

そのため、夜に炭水化物を控えれば、寝ている間に脂肪を燃焼させることができるのです。

 

炭水化物は朝食に食べるのがベスト!

お昼までにはメイン料理を食べ、夜は野菜中心にすれば痩せやすい体作りをすることができますよ♪

 

特に、仕事で夕飯の時間が遅くなってしまう方は、夕飯のメインを野菜にするように心がけてくださいね♪

 

4.ダイエット中でもできるんです!お菓子の食べ方も覚えておきましょう!


 

出典:item.rakuten.co.jp

 

ダイエット中だから甘いものは一切食べない!というダイエットをしている人もいるかもしれません。

しかし、大好きなものを我慢するのはストレスにつながり、効果的なダイエットができなくなる可能性があります。

 

お菓子の食べ方のルールは「午後3時までに食べる・温かい飲み物と一緒に食べる・100キロカロリー以下に抑える」の3つ。

これを守れば、ダイエット中でもお菓子を食べてOKです。

 

 

いかがでしたか?

食事の摂り方をマスターし、無理のないダイエットに励んでいきましょうね♪



関連記事

・炭酸水を飲むだけ!?「簡単」「プチプラ」ダイエットの正しい方法

・一緒に食べても太らないあの人!その理由はなあに?

・ラクに痩せる!生理周期を用いたダイエット方法♪