ダイエット中だろうが、そうではなかろうが基本的には太りたくないと考えるのが普通ですよね。しかし、一日にちゃんと三食食べていても、不意にお腹が減ってしまってどうしても間食してしまいがちですよね。こういう時に我慢すると、なんだかストレスが溜まってしまったりイライラしてしまったりすることってありますよね。じゃあどうしたらいいのと悩んでいる人のために今回はお腹の減りを紛らわせる方法を紹介したいと思います。


◆ガムを噛む

これはわりと有名ですよね。噛むことでお腹をすいたことを紛らわせることが出来るので、空腹しのぎには最適なのではないでしょうか。口の中に何かが入っていると、他のものを食べようとも思わないですよね。それに、噛んでいるとずっと何かを食べているように錯覚を起こすみたいなので、一枚のガムを噛み続けることでかなりの時間空腹を防ぐことができます。ただし、ガムとはいっても糖分があるので何枚も噛んでしまうと摂取のしすぎになってしまうので、なるべく一枚程度に抑えて味がなくなっても噛むような形を取りましょう。


◆掃除を始めてみる

掃除をするとあっちもこっちも気になり始めてキリがなくなりますよね。掃除道具を出したり、色々なところを拭いたりと気づいたら忙しくなってお腹が減っていることも忘れてしまう事があるそうです。しかも、掃除を始めたら中途半端なところでは終われないので、間食する時間も出来ないので部屋を綺麗に出来てお腹の減りも忘れられて一石二鳥かもしれませんね。時間帯的に、3時~5時の間にお腹が減り気味になる人が多いですよね。なのでその時間から掃除を始めると効果的かもしれません。


◆外出する

お腹がすくと我慢できなくなってしまいますよね。家にいると、なんだかんだ我慢しても間食を食べてしまいがちです。そういう時は、外に出てみましょう。外出している時ってなぜかお腹の減りを忘れていたり、我慢することって出来たりしませんか?それを考えると、お腹が減っている時は外に出かけるのがいいかもしれませんね。外出先でご飯を食べることになったとしても、一人前を食べるだけでそれ以上に多く食べることもしないので食べ過ぎにも効果的です。


◆歯磨きをして寝る

夜になるとなんだかお腹が減ってきますよね。深夜のグルメ番組などにつられて、そこから我慢できなくなってしまって食べてしまう事ってよくありませんか?そんな時は、夜更かしをせずに歯を磨いて寝てしまう事が一番です。寝てしまえば、お腹の減りなんて関係ありません。それに寝る前に食べるのはダイエット中なら避けるべきでしょう。少しでも我慢できなくなる前に、寝てしまいましょう。それに歯磨きをすると、その後にご飯を食べるのはなんだかあまり気が乗らなくなりますよね。そういう意味でも、夜にお腹が減ったらすぐに寝てしまう事が一番のようです。


お腹が減ってしまうと、お腹が減ったことに頭がいってしまって間食の事ばかり考えてしまいがちです。そうならないためにも、まずは何かに没頭したりガムを噛んだりと空腹から遠ざかることをしてみましょう。そうすれば、ダイエット中に食べ過ぎにもならないし間食も抑えられますよ。どうしようもない時は、試してみてください。



bread-1053591_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)