お酒が好きな方にとって、ダイエット中はとてもつらいものですね。できれば飲まない方がいいのですが完全にやめてしまうのは、逆にストレスが溜まってしまいます。では、どうすればいいのでしょうか?今回は、ダイエット中のお酒やおつまみの選び方などのポイントをお伝えしていきます。


お酒の種類とカロリーについて

アルコールそのもののカロリーは1グラムで約5キロカロリー程度です。またお酒の種類によっては糖分が含まれているものがあるので、太りやすいものがあります。

<代表的なお酒のカロリー>

・生ビール中/ジョッキ(約200カロリー)
・缶ビール/350ミリ(約137カロリー)
・日本酒/1合(約198カロリー)
・ワイン/グラス1杯(約73カロリー)
・焼酎/コップ(約250カロリー)
・シャンパン/グラス一杯(約80カロリー)
・ウイスキー/シングル(約150カロリー)
・梅酒/グラス一杯(約42カロリー)
・ウォッカ/グラス1杯(約90カロリー)

<カクテルのカロリー>

・カシスオレンジ(約176カロリー)
・カルアミルク(約205カロリー)
・ドライマティーニ(約115カロリー)
・マルガリータ(約125カロリー)
・ジンライム(約110カロリー)

このように数字でみると、かなりばらつきがあるのがわかりますね。もちろんあくまでも目安なので、グラスの大きさでも違いますし、特にカクテルなどはフルーツやジュースなどの種類の違いでもカロリーは変わります。ただし、ダイエット中であればよく飲むお酒くらいは頭に入れておくようにして、できればカロリーの低いものを選びましょう。


飲む量を決めておく

ダイエット中のお酒は、できれば200カロリー程度に抑えたいものです。しかし、お付き合いなどもあるでしょうから、薄めたものをゆっくり飲むとか水やウーロン茶などを間に入れるなどして、工夫をするといいですね。また、最初から飲む量を決めておいて、それ以上は絶対に飲まないように気をつけてください。誰かと一緒の時には、飲む量が多くなりやすいのでしっかりと気を引き締めるようにします。ダイエット中は、基本的にはお酒は飲まない方が良いということをしっかりと覚えておいてください。


おつまみの選び方

お酒の量はなんとか少なくすることができたとしても、お酒の影響で食欲が旺盛になることがあります。なんでも美味しく感じてしまったり、周りにつられて食べ過ぎてしまう可能性があるので、おつまみの選び方にも気をつけてください。できるだけ低カロリーで、お腹いっぱいになるようなものを選びましょう。例えば、焼き鳥であれば皮は食べずに塩焼きにするとか、お刺身であれば脂肪分が多いはまち、まぐろ、うになどは避け、白身系やたこ、えびなどがおすすめです。サラダを食べる場合は噛みごたえがあるスティックサラダや、大きく切ったキャベツ、温野菜の盛り合わせなどの方が満腹感があります。その他には、おでん(こんにゃく、大根、はんぺん、こんぶなど)、冷や奴、枝豆、貝類の酒蒸し、野菜の煮物、酢の物、などをゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。

その他の注意点として、飲み会の前には少し食事をとっておくなどして、空腹は避けるようにします。たくさんの料理が目の前に並んでいると、誘惑に負けてしまいますし食べなくては損するような気持ちになってしまいがちですが、ダイエット中は、前もって食べる量と食べるものを決めておきルールを守るようにします。


いかかでしたか?ダイエット中の飲み会は、お酒や食事よりもおしゃべりを楽しむつもりで楽しく過ごしてくださいね。しゃべっている時には食べることはできませんので・・・。




cocktails-731898_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)