ダイエットのために筋トレを始めてみたもののなかなか続かないという方にはスクワットがオススメ!特別な道具もいらず空いた時間があればどこでもできるスクワットを取り入れて引き締まったカラダを手に入れましょう!

スクワットダイエット


 

出典:weheartit.com

 

スクワットによって一番鍛えられる場所が太ももなのですがこの太ももは全身で最も筋肉が大きい所です。

太ももを鍛える事で基礎代謝を上げてくれ痩せやすいカラダを作り上げる事ができるんです。

 

ダイエットのための筋トレとして一般的なのが腹筋ですがスクワット1回で腹筋100回程度と同じ運動量があるとされているほど。

 

しかしそれほどまでの効果を得るには正しいやり方で行うことが必要です!

 

スクワットがもたらす嬉しい効果♡


 

出典:weheartit.com

 

スクワットは太ももなどの脚の筋肉はもちろん腹筋や背筋、腕やヒップなど全身の筋肉を使う運動なので全身痩せが可能です。

ただ痩せるだけではなく全身が引き締まるので美しいボディラインを作ってくれるんです!

 

なかなかダイエット効果を得ることが難しい下半身にも効果的なのが嬉しいですよね♡

 

スクワットの正しいやり方


 

出典:jp.pinterest.com

 

◎基本的なスクワットのやり方

 

1.肩幅より少し広めに脚を開き指先を外側に向けて立つ。

※手の位置は頭の後ろ、胸の前、腰のどこかに添えておきましょう。

頭の後ろが一番負担が大きく腰が一番負担が少ないので初心者は腰に置いておくのがオススメです。

 

2.息を吸い込みながらお尻を後方に突き出す姿勢で太ももが床平行になるまでしゃがみ込む。

 

※背中が丸まらないように意識してください。

※つま先から膝がでないように注意!

 

3.息を吐き出しながらゆっくりと立ち上がり膝が伸びきらないところでストップする。

 

※膝を伸ばし切らないことで膝への負担を軽減できます。

 

 

◎お腹&背中に効果的なスクワット

 

1.肩幅より少し広めに脚を開き指先を外側に向けて立つ

 

2.腕を胸の高さで前にまっすぐ伸ばす。

 

3.お尻を後方に突き出す姿勢で太ももが床に平行になるまでしゃがみ込みつつ腕も後ろに引いていく

 

4.ゆっくりと元にもどす。

 

 

いかがでしたでしょうか?

全身を引き締めてくれるスクワットを取り入れるとボディラインの変化を楽しむことができるはず。

ぜひお試しください!

 

関連記事

・えっ!食べていいの!?ダイエット中でも間食OKなスイーツとは♡

・これなら続けられる!100グラムダイエット♪

・朝に食べてお腹スッキリ♡おすすめヨーグルト



1日5分の時短エクササイズ【コアビーンズ】