次々に出てくる新しいダイエット法。今回注目を浴びているのは「活性炭ダイエット」です。海外では「カーボンダイエット」という名で話題を集めています。どうやら「活性炭」を食べることでダイエットをしていくんだとか。「炭」を食べるとはいったいどういうことなのでしょうか。活性炭ダイエットの真相を詳しくご説明いたしましょう。

活性炭って何?食べられるの?


 

出典:kurashinista.jp

 

活性炭ダイエットの「活性炭」とは、木やココナッツの殻などが燃えたあとの炭。

毒素などを吸着する性質を持っています。

 

「炭なんて食べられるの?」と驚く方も多いのですが、活性炭は「薬用炭」。

薬として利用されている炭は食べることができるんです。

薬用炭には下痢の改善や薬物中毒等の解毒にも効果を発揮します。

 

毒素を吸着する力に注目が集まり、最近では「炭パウダー」や「炭サプリ」も発売されているとのこと。

そのまま炭を食べるのではなく、食べやすく加工されているため、簡単に取り入れられるようになってきました。

 

活性炭でなぜ痩せるの?


 

出典:spotlight-media.jp

 

活性炭で痩せる秘密は「毒素を吸着する力」に隠されています。

体内の有害物質を吸着し、体外に排出する「髙いデトックス効果」がダイエットの手助けになるのです。

 

ダイエットをいくら頑張ってもなかなか痩せない人は、もしかしたら体内の毒素が邪魔をしているのかもしれません。そんな時、活性炭を取り入れると毒素をすべて体外に排出してくれるので、ダイエットしやすい・痩せやすい体を作りだしていきます。

 

活性炭ダイエットのやり方は?


 

出典:mery.jp

 

日本での活性炭の入手方法は「活性炭パウダー」と「活性炭サプリメント」のみ。

これらを使ってダイエットを実践していきます。

 

「活性炭パウダー」は、その名のとおり活性炭が粉になっているため、どんなものにも合わせることが可能です。無味無臭なので料理に合わせやすいというメリットがあります。

 

活性炭パウダーを使った「チャコールジュース」が海外で注目を集めているのですが、チャコールジュースにはレモンやケール、リンゴなどもミックスされていて、真っ黒い見た目とは裏腹に「おいしい!飲みやすい」との評判を得ています。

 

「活性炭サプリメント」は1日の最後に決められた摂取量を水で飲むだけ。

体外の毒素を吸収し、外へ排出しやすくするため、1日の水分量を多めに摂るのもポイントです。

 

活性炭の過剰摂取は腸内の水分まで吸着し、便秘を引き起こす可能性がありますので、規定量は必ず守るようにしてくださいね。

 

 

「活性炭ダイエット」を成功させるためには「活性炭+運動」も大切です。

2つを組み合わせ、すっきりダイエットに挑戦していきましょう!



関連記事

・食事制限をしない!夏までに痩せるための豆腐ダイエット♡

・ほっそりとした「腕」を手に入れる♡二の腕痩せをする方法

・顔のたるみ解消♡すっきりフェイスエクササイズ