女子会でのカフェや仕事中のブレイク 女の子がコーヒーを飲む機会って結構多いですよね。 リラックス効果のあるコーヒ―ですが、その効果は意外と知られていません。 もっとコーヒーを飲みたくなるその「効果」を見ていきましょう♪

コーヒーを飲む事によって得られる効果とは?


 

出典:concierge.diet

 

ダイエット効果
二日酔いの頭痛対策
抗うつ
美肌効果
リラックス効果
がん予防

Etc...

まだまだありますが、コーヒーを飲む事で得られる効果はたくさんの研究結果が出ています。

 

また、入れ終わったコーヒーのカスも、汚れ落としや消臭剤として使用できる万能品。

嗜好品として楽しんでいたコーヒーがここまでの効果があると嬉しいですよね。

 

効果をより高める飲み方


 

出典:4meee.com

 

せっかく飲むのであれば、その効果を最大限高めたいと思うもの。

目的別の効果的な飲み方を見ていきましょう。

 

・ダイエット

ダイエットの為に日々運動をしている!という方は、運動の30分前に1杯ブラックコーヒーを飲む事をお勧めします。

カフェインに含まれるリパーゼが脂肪の分解を促進してくれます。

 

・昼寝

短時間の昼寝が作業効率を大幅に上げると言われており、昼休みに昼寝を推奨する企業も多くなっていますが、この際もコーヒーが役に立ちます。

1杯のコーヒーを飲んでから20~30分の昼寝をすると起きる頃にカフェインの覚醒作用が現れ、すっきりと目覚める事が出来ます。

 

・美肌効果

「クロロゲン酸」と呼ばれるポリフェノールが美肌効果ももたらしてくれるそうで、1日2~3杯のコーヒーを飲むと、シミの発生率も少なくなるそう♪

 

万能な飲み方はこれ!


 

出典:weheartit.com

 

コーヒーを飲む時間でおすすめなのはこの2つの時間帯。

 

午前9時半~11時半
午後1時半~5時

 

この時間帯に飲む事でコーヒーの有効成分をより吸収出来るとの事。

夕方以降の摂取はたとえ時間が開いていたとしても、その日の睡眠に影響が出る場合が多いのでなるべく控える事をお勧めします。

また、いくら良い影響が多いとはいえ、飲みすぎはいけません。

一日2~3杯を目安にしましょう。

 

 

いかがでしたか?

何気なく飲んでいたコーヒーがあなたの健康や美容に役に立っていたなんて驚きですよね。

量を守って毎日を健やかに過ごしましょう♪



関連記事

・あきらめないで! たった5分でも脂肪は燃えるんです!!

・食事と運動は不要!水分をしっかりとって夏までに痩せよう!

・太る原因になってるかも…やってはいけないNG習慣