全身スラリとしたスタイルは、女性の永遠の憧れですね。 美ボディを目指す女性なら、ダイエットやエクササイズで必死に努力していますよね。 でも、いくら頑張っても完璧な美ボディを手に入れることは難しいって知っていました? 全身キレイ女性を作るには、身体の奥にヒミツがあるのです! どんなヒミツが隠されているのかを交えながら、美ボディへ近付くメソッドをご紹介しましょう♪

実は体幹サポートが美ボディのキーだった!


 

出典:openers.jp

 

例えば、ランウェイをさっそうと歩くモデルさんを見れば一目瞭然ですが、彼女たちのように美しい身体の女性に共通しているのは、痩せているだけじゃないということ!

ただ脂肪がなくてガリガリというわけではなく、背筋はピンと伸び、ちゃんと身体にメリハリがあり、まるで身体の奥底から溢れるようなピンとしたハリがあります。

こういったボディを作って保つには、ダイエットや通常のトレーニングでは難しく、まずは“体幹”を鍛えることが重要なのです。

 

体幹を鍛えるとイイコトだらけ!


 

出典:free-photos.gatag.net

 

では、なぜ体幹を鍛えると美ボディをサポートしてくれるのか、どんなイイコトがあるのか、ご紹介していきましょう。

 

<体幹とは何か?>

体幹というのは、身体の中心部を意味しています。

手足・頭部以外の胴体部分のことを体幹と呼ぶのが一般的です。

表層筋、深層筋という2つの筋で構成され、体幹筋とも言われます。

 

<体幹の役割は?>

身体のバランスを保つための動作の軸となり、姿勢の維持、生命の維持といった役割を果たしてくれるのが体幹筋です。

 

<体幹を鍛えれば、イイコトがいっぱい!>

・基礎体力がつく(持久力がアップし、疲れにくい身体になる)

・呼吸が正しくなり、酸素が身体に行き渡る(脳内に酸素が行き渡るので、集中力アップ)

・姿勢が正しくキープされる(自然に背筋がピンと伸びる)

・手足の動き(反応)がスピーディーになる(初めての運動も楽になり、反射神経が良くなるため転倒防止にもつながる)

・骨盤歪みを解消できる(腹筋がアップして、ポッコリお腹解消に!生理痛の緩和も期待できる)

・基礎代謝がアップする(ダイエットをサポートし、太り難い身体になる)

 

ざっと挙げただけでも、これだけのメリットが期待できるんです。

健康と美をサポートするには、体幹が要となることがお解りいただけたでしょうか?

では、実際に体幹を鍛えるにはどうしたらいいのかご紹介していきましょう。

 

セルフトレーニングで体幹を鍛えよう


 

出典:www.gentloop.com

 

体幹トレーニングは自宅で特別な道具を使わずとも手軽にできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

・基本のプランクをマスターして腹筋を鍛える

 

体幹トレーニングの基本中の基本「プランク」は、腹筋が鍛えられることによってポッコリお腹を引き締める効果が期待できます。

 

出典:kin.mobi

 

<やり方>

1、まず床にうつ伏せに寝ます。

脚をピーンとのばして、脱力させます。

 

2、両腕を曲げて、両肘で上半身を上げます。

 

3、両つま先を立てて、お尻を肩の高さまで上げます。

 

4、肩とお尻を同じ高さにして体を一直線にします。

肩とお尻の一直線のラインが床と並行になるようにします。

 

5、背中が反りすぎないよう、丸まりすぎないようチェック

反りすぎてしまう人は、すこし背中を丸めるイメージでやってみてください。
腰がすこし丸めると骨盤がやや後ろに傾きます、それが正しいフォーム

はじめは鏡をみてチェックしてみてください。
初めての人ならかなりかけ離れているはずです。

 

6、腹直筋に力を入れます。

骨盤を腹のほうへ引っ張るイメージで、

 

7、この姿勢で10秒~30秒間キープします。

出典:kin.mobi

 

背中を少し丸めるイメージをして、反らないようにするのがコツです。

最初は10秒くらい。慣れてきたら20秒~30秒と、少しずつ長くしていきましょう。

最低でも30秒キープできれば上等です。

 

・基本をマスターしたらサイドブリッジにチャレンジ

 

出典:beauty-health-training.com

 

絞ることが難しい身体のサイドを重点的に鍛えるのが「サイドブリッジ」です。

ウエストのくびれや骨盤歪み解消にアプローチしてくれます。

 

<やり方>

横向きに寝そべってから床についている方の肘を立て、反対側の手を腰に当てた姿勢をキープ。

こちらも、できれば30秒はキープできるようにしましょう。

 

・背筋トレーニングで猫背を解消!

 

身体の表側だけではなく、裏側を鍛えることも大切です。

背筋を鍛えて、日頃の猫背を解消してピンとした姿勢作りをサポートしましょう。

また、背筋肉を鍛えると代謝率もアップして、太りにくい身体にも導いてくれます。

 

出典:slism.jp

 

<やり方>

1.両手・両足を伸ばしてうつ伏せになります。

・手の幅・足の幅は少し広めにとりましょう。(肩幅より広くしましょう)

2.息を吐きながら対角線上にある手と足を同時に持ち上げ、3秒キープします。

(右手と左足、または左手と右足)

・反動を使わずにゆっくりと行いましょう。

・背筋を使って持ち上げるように意識することが大切です。

・手足を高く上げるほど負荷が大きくなりますが、慣れるまでは無理しないようにして行いましょう。

3.息を吸いながら、持ち上げた手足をゆっくりと下ろします。

4.反対の手足でも同様に行いましょう。

出典:slism.jp


手足を伸ばした姿勢のラインを意識してやるのが美しい背筋を作るコツです。

鏡を見ながらトレーニングすると、より正しい姿勢を保つことができます。

続けているうちに、どんどん後ろ姿美人になってきますよ♪

 

 

いかがでしたか?

体幹トレーニングはアスリートも行うので、初心者さんには少し厳しいトレーニングですが、毎日少しずつ行うのが長続きのコツです。

ちょっとずつでもいいので、さぼらないように実践して健康と美をキープしていきましょう!

 

運動しながらネットショッピング!?

関連記事

・太る原因になってるかも…やってはいけないNG習慣

・1食豆腐に置き換えるだけで-7kgも夢じゃない!?イソフラボンたっぷり豆腐ダイエット♪

・今なら間に合う!太ももの部分痩せ法