近年、急激に注目されているのが「体内環境からキレイを作る」ということ。ただ化粧水やメイクを丁寧に施したり、洋服を着飾ったり、マッサージをしたりするだけではなく、「食べるものから変えて体の内側からキレイになろう」というあなたの女性らしさをさらに磨くものなのですが、一体何をどう食べればいいのか分からない…という方も多いはず。 今回は、簡単にできてかつデトックス効果の高い「野菜スープ」の作り方をご紹介します!

「野菜スープ」、適している材料は?


 

出典:www.excite.co.jp

 

必ず摂りたい野菜は緑黄色野菜。もちろん野菜スープですから、お好きな野菜でしたら何を入れても構いません。

 

外したくないのは

・ビタミンが豊富なキャベツ

・美肌効果のあるにんじん

・ビタミンCが豊富で(美白効果あり)、むくみ解消を促すじゃがいも

・疲労回復効果と、スープに甘みを出すために欠かせないたまねぎ

以上の4つの野菜です。

 

他にもエリンギやしいたけなどのキノコ類、デトックス効果の高い大豆、リコピンが豊富でダイエットに適しているトマトなどを入れるのもオススメです。

 

簡単!野菜スープの作り方


 

出典:iemo.jp

 

①細かく切ったベーコンと、にんにく(チューブでも可)を少量、炒める

 

②少し色がつくくらいに炒めたら、水を入れ(お好みの量で)、じゃがいも、にんじんを入れる(キノコ類も入れる場合は一緒に入れてしまいましょう!)

 

③お湯がぐつぐつしてきたら、残りの食材も入れます。このとき、みじん切りにした生姜(チューブも可)を入れると、体内の保温・デトックス効果がより期待できます。

 

④沸騰したら火を弱め、じっくり野菜の旨味を出します(弱火5分〜7分)

 

⑤味付けはお好みで構いませんが、余り塩分過多にならないよう、素材の味を生かした薄味に仕上げると良いでしょう。(コンソメや洋風だし、少量の鶏ガラスープの素などがオススメ)

 

野菜スープの出来上がり!さて、食べるタイミングは?


 

出典:cweb.canon.jp

 

オススメの食べるタイミングは、朝、余り食欲のないときや、遅い時間の夕飯など、カロリーを抑えたいとき。

 

朝は、前の日の晩に作り置きをしておけば、朝もう一度火にすこしかけるだけでとってもおいしくいただけますし、食欲のない日でもぺろりと食べられてしまいますよ。

夜は、お腹が満たされるのはもちろんそうですが、生姜が入っているので体が温まり、寝付きもよくなります。

 

 

いかがでしたか?

簡単にできるのに、栄養豊富。デトックス効果もお通じ改善効果も高く、体も温まるこちらの野菜スープ。女性にとっていいことづくめの一品です。

ぜひ一度お試しください!



関連記事

・お麩でダイエット!?食べ過ぎに注意!ヘルシーおかず&スイーツレシピ5選

・GENKINGが大絶賛!”青汁”で我慢せずに痩せやすい体になるダイエット法

・体の老廃物を洗い流してスッキリ♡岩盤浴ダイエット