水着の季節、いよいよ到来ですね。みなさんは、夏に向けてダイエットは完了していますか?やみくもに食事制限やエクササイズをしても、効果実感しない女性が多いのではないでしょうか? そこで今回は、スリムボディを作る基盤ともいえる内臓代謝をアップさせるメソッドをご紹介してきます。

内臓代謝とは?


 

出典:01.gatag.net

 

まずは、基礎代謝と内臓代謝について理解を深めましょう。

 

・基礎代謝とは

 

人間の身体は外から栄養を取り入れ、それをエネルギーに変えて活動して消費をしています。これを「代謝」と呼んでいます。消費される消費系代謝は、次の3種類。

 

基礎代謝・生活活動代謝・DIT

 

この3つのうち、消費系代謝の70%を占めているのが、基礎代謝です。基礎代謝は、人間が活動していなくても使われるもの。睡眠時のようにジッと安静にしていても、呼吸をしたり体温調整したりする生命維持のための活動に費やされます。

 

・最も基礎代謝を消費しているのは肝臓

 

基礎代謝のうち、筋肉によって消費されるのはごく僅か。つまり、いくら動いても、運動しても、腹筋を鍛えても基礎代謝は消費していないのです。基礎代謝を消費するのが内臓であり、最も消費するのが内臓の1つである肝臓。その量は30%にも上ります。

 

つまりは、内臓代謝を向上させれば基礎代謝が上がり、痩せやすくなるという理論です。

 

血液循環を良くして内臓代謝を上げる


 

出典:01.gatag.net

 

では、具体的に内臓機代謝を上げるためには、どうしたらいいのでしょうか?それには血液循環を良くするのが理想的です。どんなことをすれば血液循環が良くなるのか、挙げてみましょう。

 

・血液循環を良くする栄養素を取り入れる

 

血行を改善する栄養素と効能は、次の3つです。

1.ビタミンC(血液をサラサラにする。血中コレステロールの代謝促進)

2.ビタミンE(血行促進)

3.パントテン酸(善玉コレステロールを増やす。血中の余分なコレステロールを回収)

 

・身体を温める食物を摂取する

 

【陽】の素材を取り入れる。

寒い地方や寒い時期に収穫される色の濃い野菜は、身体を温めてくれ、陽の素材と言われています。具体的には、玄米・豆類・根菜・ショウガ・納豆や大豆などの発酵食品・唐辛子等です。

 

逆に、体を冷やしてしまい、血行不良になるので避けたいのが、糖分・水分が多く含まれ、暖かい地方や温かい時期に収穫される野菜です。「陰」の素材とも言われ、具体的には、キュウリ・ナス・モヤシ・レタス・スイカ・マンゴー・メロン・パイナップル・トマト等です。

 

サプリメントを摂取するのもアリ!


 

食生活では栄養ランスが上手く取れず、血行促進が難しいのが難点です。そんなときは、サプリメントを取り入れましょう。

 

・濃縮金時ショウガ+濃縮黒酢(DHC)

 

出典:www.dhc.co.jp

 

身体を温めてくれる素材ショウガの中でも、ポカポカ成分であるジンゲロール類・ショウガオール類・ガラノラクトンが多い金時生姜を使ったサプリメト。身体のめぐりをサポートし、冷えの悩みにも身体の内側からサポートしてくれます。身体を芯から温めれば、代謝アップも期待できます。

 

 

 

いかがでしたか?

血液循環を良くすれば代謝アップして太りにくくしてくれるだけではなく、女性が悩みがちな冷え解消も期待できます。ぜひ今日から実践してみてくださいね!

 

エアコンが苦手、年中冷え冷え、ブヨブヨが消えない...滞留型女子に
【燃焼めぐり系サプリ noi 金時生姜+7種 燃】

関連記事

・絶対痩せる♡スクワットがもたらす嬉しい効果と正しいやり方!

・目標別!1ヶ月で理想の体に♡一気に痩せたい人編

・水着を着たい!夏までにどうしても痩せる方法!!