飲み会や毎日のランチが重なって、いつのまにか体重が増えてしまったという経験がある人もいますよね?増えてしまった体重をそのままにしておけば、どんどん脂肪として蓄えられていってしまいます。なかなか落ちない脂肪に変わる前に、1週間で元の体重に戻しておきましょう。体重減量のための生活習慣ポイントをお届けいたします。

1.飲み物の注意点


 

出典:pso2tmg.net

 

毎日コーヒーやジュースを飲むという習慣がある人も多いことでしょう。

コーヒーは砂糖やミルクを加えず、代わりにココナッツミルクで割る習慣をつけてください。

ココナッツミルクには栄養成分や脂肪燃焼に最適な成分もいっぱいです♡

 

ジュースは砂糖がたっぷり入っているのでやめるのがベスト。

ただし、100%のオレンジジュースならビタミンCの摂取ができるのでOKです。

この時、オレンジジュースはコップの半分にして、炭酸水で割ってください。

こうすることで、オレンジジュースのカロリーを半分に抑えることができます。

 

1週間の間は禁酒ができれば最高ですが、どうしてもお酒が飲みたくなったときは、オレンジジュースの時と同様、炭酸水で割れるものを選んでくださいね。

 

2.常に運動!を意識


 

出典:kaumo.jp

 

家では家事をしながら運動、外ではエレベーターは使わず階段を利用する、時間があればランニングやウォーキングを取り入れるなど「体を動かす」ことを常に意識していきましょう。

歯磨きをしながらつま先立ちや、仕事中は姿勢に気をつけるなど、意識をすれば、どこにだって運動のチャンスがあります。

家族やお友達と出かける時も公園やボーリングに行くなど、運動につながるレジャースポットを選んでみてください。

 

少しの運動がカロリー消費につながりますので、毎日意欲的に運動を取り入れてくださいね!

 

3.食事の注意点


 

 

出典:top.tsite.jp

 

食べ過ぎ飲み過ぎはNGです。

外食も体重を戻す1週間の間は控えてください。

しかし、食事量を極端に抑える必要はありません。

 

朝食は低カロリーを意識。

昼食・夕食はいつものお皿より一回り小さいサイズのお皿を選び「普段より少し少なめに」を心がけましょう。

低カロリーメニューにするために「サラダ」を取り入れる人もいるかもしれませんが、ドレッシングには要注意です。

普段のようにサラダ全体にドレッシングをかけるのではなく、フォークをドレッシングに浸し、それから野菜を食べればドレッシングの量を大幅に減らすことができます。

また、毎食のメニューの中に野菜たっぷりのスープを入れると、満腹感も得られて摂取カロリーも抑えることができます。

 

 

生活習慣を少し見直すだけで、摂取カロリーを抑え、消費カロリーを大幅にアップすることができます。

ダイエットできる生活習慣を取り入れてみてくださいね♪

飲むだけ主義!60種の天然ハーブティーでダイエットサポート

関連記事

・水着を着たい!夏までにどうしても痩せる方法!!

・減塩ダイエット方法を公開!3日間だけの短期集中で体質改善☆

・もう我慢したくない!基礎代謝を上げる食生活とは♡