仕事や学校で毎日忙しい日々を送っている人がたくさんいます。「運動をしたいけど、なかなか実践できない」という人も多いはず。そんなあなたのために海外で実践されている忙しい人に向けたダイエット方法をご紹介いたします!隙間時間を有効活用していきましょう!

1.「運動」をとにかく意識


 

 

出典:angie-life.jp

 

まずは「運動」を意識することが大切です。

 

普段の生活の中でも運動を取り入れられる時間があれば、わずかな時間でも体を動かすという習慣を身につけていきましょう。

例えば、通勤中の電車の中ではつま先立ち。

エレベーターはなるべく使わず階段を使う。

座る時間を減らす、降車駅の一駅手前で降りて歩くなど、意識をするだけで、たくさんの運動時間を取り入れることができます。

 

これらのながら運動や隙間運動を組み合わせて、1日30分以上体を動かせればよりGOOD♪

1週間のうち5日以上は30分体を動かせるよう努力してみてくださいね。

こうすることで、徐々に体重を減らしていくことができるはずです。

 

2.筋肉トレーニングも組み合わせる


 

出典:news.livedoor.com

 

週に2~3日でも大丈夫です。

なるべく筋肉トレーニングも普段の運動の中に組み込んでみてください。

 

ながら運動や隙間運動、ウォーキングは有酸素運動です。

筋肉トレーニングは無酸素運動。

これらを組み合わせることで、より痩せやすい体を手に入れることができます。

筋肉トレーニングの内容は、腹筋やスクワット、腕立て伏せなど。

 

寝る前の数十分にぜひ実践してみてくださいね。

 

3.家族や友人と楽しみながら運動をしてみましょう


 

出典:nanapi.jp

 

1人ではなかなか運動が続かない人も多いかもしれません。

それなら家族や友人を巻きこんで運動をしてみましょう。

 

例えば家族とレジャーに出かける時は公園に行って思いっきりスポーツを楽しむ。

家族とのスポーツならあなたもお子さんも楽しみながら運動ができますよね♪

友人と出かける時はボーリングやカラオケなど、体を動かせて、カロリーも消費できるスポットを選んでみましょう。

友人とのビュッフェランチや食べ歩きは控えて、運動ができるスポットへと変えてみてください。

 

4.食事メニューにも注意する


 

 

出典:gakumado.mynavi.jp

 

いくら運動を取り入れても、摂取カロリーが多ければダイエットを成功させることはできません。

普段の食事もカロリーを抑えたメニューに変えていきましょう。

野菜も意識的に摂取することを心がけ、ビタミンやミネラル・食物繊維がたっぷりとれる食事を作ってくださいね。

ダイエット中は外食はなるべく控えるのがベスト!

家で野菜たっぷりの低カロリーメニューを作りましょう。

 

 

いつでも運動を意識するだけで、1日中たくさんのカロリーを消費することができます。

普段の生活習慣を少しだけ改善し、ダイエットができる生活に変えていきましょう。



関連記事

・コーヒーを飲むだけ⁉ めんどくさがり屋さんでもできるコーヒーダイエット♡

・食事と運動は不要!水分をしっかりとって夏までに痩せよう!

・リバウンドを防ぐ!ながらダイエットでラクちん痩せ♡