スナッキングダイエットって聞いたことありますか?スナックとダイエット。まるで真逆のように思えるこの二つが、なんと美ボディを作るんです。どんなダイエットなのか、具体的にご紹介しますね。

スナッキング(間食)がダイエットになるワケ


 

出典:www.muscleforlife.com

 

・食事回数と摂取カロリーの関係

 

一日に食べる回数が多い人ほど、BMI(ボディマスインデックス:身長に対する体重の割合)が低くなる傾向にあります。オーストラリアで行われた研究では、食事回数が多いヒトほどウエストも細く、コレステロール値も低かったそうです。

 

そのワケは、食事回数が多いほど一食にとる糖質の量が少なくなるので、血糖値の上昇が抑えられるから。糖質の摂取量が少なければ血糖値が急上昇を避けるので、脂質の合成を促すインスリンの分泌を抑えられます。

 

つまり、脂肪の蓄積を抑えられるので太りずらいというわけです。

 

糖質制限ダイエットってありますよね。糖質制限は、糖が分解されて体脂肪として蓄積されるのを防ぎます。あれと同じ原理です。

 

・食べすぎを抑えられる

 

糖質を多く取り入れると血糖値が急上昇するので、インスリンが大量に分泌されます。その反動で、今度は急激に血糖値が低下して、お腹もすきます。

 

食べる回数を増やして、一回に食べる糖質の量を減らせば、お腹もあまりすかなくなるので、食べすぎることを抑えらるというワケ。

 

確かに、だらだら食べてるときって、お腹すいたのか、すかないのかわからなくなりますよね。

 

スナッキング(間食)ダイエットのやり方


 

出典:www.etsy.com

 

スナッキングダイエットとは、その名のとおり間食して食べる回数を増やすダイエットです。

 

・いつ食べる?

 

夜遅い時間、寝る前はいけません。寝ている間に体脂肪に変わってしまいます。

朝食では糖質をきちんととります。脳の活動エネルギ―になるのは、糖だけだからです。

 

これさえ守れば、あとはいつ食べても、何回食べても構いません。ただし、一日の食事量をトータルで考えて、三食のカロリーを超えないように気を付けましょう。

 

・どのくらい食べる?

 

回数を増やす分、一回に食べる量は200キロカロリー未満にとどめます。ナッツやドライフルーツなら、両手に軽く乗るくらいの量です。

 

キレイを作る食品


 

 

出典:jp.pinterest.com

 

・何を食べる?

 

スナックといえばスナック菓子を連想しちゃうかもしれませんが、違います!ビタミンやミネラルを摂れるヘルシーなスナック限定です。美ボディを目指すためには、栄養バランスが大切。

 

空腹を抑えるために、少しは糖が含まれている食品がおすすめです。当たり前のことですが、ジャンクフードを間食してると逆効果なので、気を付けて!

 

・おすすめスナック

 

海外セレブやモデルがよく食べている、天然の素材がダイエットをサポートしてくれます。ナッツとかドライフルーツ、シリアルバー、ローチョコレート、カカオニブなどが向いています。生野菜を間食にしてもOK!

 

 

スナッキングダイエットは、ただやせるだけではなく、美肌効果や美ボディ効果のあるダイエットです。三食の食事は、間食で食べる分だけ減らしますが、無理な食事制限はしなくてもいいので、長続きしそう!ぜひ試してみて下さい♪



関連記事

・お麩でダイエット!?食べ過ぎに注意!ヘルシーおかず&スイーツレシピ5選

・「丼ぶりは太る」は大間違い。しっかり食べる!丼ぶりダイエット♪

・内側から美人になる♡ファスティングで美腸ダイエット!