1週間のうちに最低1回以上はめんを食べる習慣があるという人も多いことでしょう。日本人にとって馴染みのあるめん類。糖質も多く、高カロリーなめんはダイエットには不向きと言われています。しかし、めんの選び方や食べ方次第で太りにくくすることもできるんです。ダイエット中でもめんを食べたい!という人に向けた「めん類を食べても太らない方法」をご紹介していきましょう。

1.めん類は全部NG?


 

出典:www.muramen.jp

 

「めん」と一口にいっても、その種類はとっても豊富。

うどんやそば、そうめんにラーメン、スパゲッティなど、他にもたくさんのめんがありますよね。

 

このめん類。

どうしてダイエットには不向きと言われているのでしょうか。

 

それは調理後のカロリーや糖質がたっぷり含まれているから。

しかし、調理法や食べ方を調整すれば、めん類もダイエット食として利用することができるんです♪

いったいどんな調整をすればよいのでしょうか。

 

2.めん自体にはそこまでカロリーはなし。調理法でカロリーは大きく異なる


 

出典:news.livedoor.com

 

お馴染みのうどんやそば、ラーメン。

これらのカロリーは、めんだけで見ると250~350キロカロリー程度なんです。

こうして見るとそこまで「高カロリー」というイメージはありませんよね。

 

しかし、これに「調理」が加わると、一気に高カロリーメニューに変わってしまうことがあるんです。

ここでは「うどん」を例に取り上げてみます。

うどんはめんだけだと240キロカロリー程。

ここに天ぷらやカレーをつけ加えるだけで、一気に500キロカロリーのメニューに変わってしまいます。

ダイエット中にうどんを食べるなら「ざるうどん」や「かけうどん」がおすすめです。

「ざるうどん」や「かけうどん」にするだけでッ約300キロカロリーに抑えることができるんです。

 

まためん類の中でも特に注意したいのは「スパゲッティ」。

スパゲッティは調理法によって一気に900キロカロリーを超えるメニューになることもあります。

バターや生クリームをたっぷり使ったメニューは避けた方が無難です。

 

めん類を扱う時は「低カロリーの調理法」にこだわってみてくださいね。

 

3.「食べ方」でカロリー&糖質摂取量を抑える


 

出典:www.i-nekko.jp

 

めん類は炭水化物。

カロリーだけでなく、糖質もたっぷり含まれています。

しかし、糖質のある食材は満腹感を満たすことができるため、少しの量なら太ることもなく、反対に満腹中枢をアップさせることもできるんです。

 

 

めん類を摂取するときは少量に抑えること。

ラーメンなどスープがある時はスープは飲まないこと。

こうすることで、カロリーも糖質も大幅カットが可能です。

めん類を一切断たなくても調整すればダイエット中でもOK!

めん類を上手に取り入れてみてくださいね♪



関連記事

・スープレシピでお腹をスッキリ♡ストレスなく美味しく痩せるダイエット法

・くびれをつくるエクササイズ特集♡おすすめ5選

・いろんなポーズで一気に痩せる!ピラティスで心も身体も鍛えよう♡