いよいよ本格的な夏!この季節しかできないイベントもファッションも楽しまなきゃもったいない。「夏までダイエット達成できなかった」という方も「急に旅行が決まって水着を着ることになりそう。どうしよう、このお腹・・・」なんて方も多いのでは? 大丈夫!ウエスト部分を集中的にストレッチすれば、短期間でくびれは作れるんです。 美シルエットの要、すっきりくびれたウエストを手に入れて、夏のバカンスをエンジョイしましょう。

 ウエストは「ねじる」動作が少ない部分


 

出典:weheartit.com

 

バスに乗る、オフィスワーク、買い物、家事・・・今日1日の自分の動作を思い出してみてください。

毎日の生活中で、体をねじる動作って少ないと思いませんか?

しかも前かがみになる姿勢も多いため、ウエスト周りの筋肉は休みがち。

意識していないと知らない間にラインがもたついてしまいやすい部分なんです。

 

腹筋運動よりストレッチ


 

出典:www.photo-ac.com

 

ウエストを細くするために大事なのは腹筋だと思われがちですが、実は「くびれ」に必要なのは「腹斜筋」なんです。

 

腹斜筋は、肋骨の下にある斜めに張る筋肉。

腹筋はタテの運動なので、斜めに位置する腹斜筋には効きません。

ハードな運動をしなくても、腹斜筋に適度な負荷をじわりとかけるストレッチで十分に効果があります。

 

[くびれストレッチ]

 

出典:www.photo-ac.com

 

1. うつぶせに寝ます。

 

2. 肩幅〜肩幅より少し広い位置で手を置き、腕の力で上半身を起こします。

 

3. 体が伸びて気持ち良いと思うところで止め、10秒キープ。

 

4. 上半身を右側にひねり、10秒キープ。左わき腹(左腹斜筋)が伸びるように意識するのがポイント。

 

5. 反対側も同様に行います。

 

6. ゆっくり体を元の位置に戻します。(5〜10回)

 

また、ストレッチとマッサージを組み合わせて行うと、より効果的です。

 

ダイレクトなマッサージが即効性◎


 

出典:www.photo-ac.com

 

刺激が少なく、いわば「お休み中」のウエスト周りは余計な老廃物や脂肪の温床。

だからそれを強制的に外に出してあげるダイレクトマッサージが効果的です。

やわらかいので、刺激してあげるとすぐに変化が出やすい箇所でもあるのです。

 

 

[くびれマッサージ]

 

出典:weheartit.com

 

お風呂上がりに肌にクリームやオイルを塗って行います。

服の上から行ってもOKですが、直にマッサージするほうがオススメです。

 

1. ウエストをつかむイメージで(親指が後ろ、他4本指が前に来るように)一番細い部分に両手を置きます。

 

2. 親指は背中側の肉を前に、4本の指はわき腹の肉をおへそに向かってぐーっと力を入れて流すように持ってきます。「ここを細くしたい!」とイメージするとやりやすいです。

 

3. おへそのあたりから下へ流します。

この時の力は弱くてOK。

くびれを作りたい部分に一番負荷をかけましょう。

(20回)

 

WELEDA/ホワイトバーチ ボディオイル

出典:www.weleda.jp

 

(100ml 4,104円/税込)

 

フラボノイド、サポニン、タンニン、ビタミンC豊富な白樺葉エキス配合。

引き締めとハリに有効な、世界で1,000万本以上売れている人気No.1ボディシェイプオイル。

 

WELEDA/ボディシェイプブラシ

出典:www.weleda.jp

 

(100ml 1.728円/税込)

 

少しの力でもしっかりマッサージできるオイルマッサージ専用のマッサージャー。

木の優しい肌あたりとグイグイポイントに届く気持ち良さで全身すっきり。

 

 

いかがでしたか?

意外と意識していないねじりの動作。

普段使っていないウエスト部分だからこそ集中して刺激してあげると、みるみる流れが良くなりスッキリくびれラインが蘇るんですよ。

ぜひ短期集中で実践して、素敵な夏イベントを楽しんでくださいね!



関連記事

・クリーム玄米ブランは痩せる?太る?

・体の老廃物を洗い流してスッキリ♡岩盤浴ダイエット

・簡単だけど注意が必要!水ダイエットのメリット・デメリット