休みの日になると、特に予定を立てていないときは特に何をするにもおっくうになりませんか?いつもなら朝ごはんを食べて仕事に行ったり、仕事終わりにはエクササイズをしたり、夜ごはんも栄養を考えてちゃんとした食事を取ろうと考えますが、日ごろ気を張り詰めている分、休みになるとだらけてしまう。起きる時間が遅くなったり、食生活も適当になったり、休みだからと暴飲暴食をしてしまいがちです。そして休みの間に体重が増えている!?ということもあり得ます。そうならないように、休みの日には気を付けた方が良い3つのポイントを紹介します。

その1:朝ごはんはちゃんと食べましょう!


 

出典:weheartit.com

 

休みの日だからといって朝食を抜いてしまうこともありますが、毎日の規則正しい生活を崩してしまうと、いざ元の生活に戻ろうと思っても簡単には戻れなくなってしまうこともあります。

 

朝起きた時は、こわばったカラダをほぐし、腸の活動を活発にさせるために、軽いストレッチとバランスの取れた朝食を食べることが大事です。そうすることで、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼も活発化していくので、体重が増えてしまうということもありません。

 

その2:ビュッフェは要注意!


 

出典:weheartit.com

 

休みの日に友達や家族と出かけて、外食をする時にはビュッフェに注意です。遊びに出かけて、テンションが上がっていたり、カラダを動かしているので空腹感を感じやすいので、いくらでも食べれてしまうような錯覚に陥ります。

 

そんな時に、食べ放題のビュッフェはまるで楽園のような印象を受けてしまいます。バラエティ豊富でとってもおいしそうに並べられたメニューは、いつもの食欲をより引き立てて、あれもこれもと山盛りにするといつも以上に食べてしまう結果になり体重を増やしてしまう原因になります。

 

そんな時は、お皿にとるメニューや量を調整してみましょう。例えば、高カロリー・高脂質のメニューを避けて、野菜や体によさそうなものを選び、必要以上にお皿に盛り付けないように気を付けて!

 

できるだけ歩きましょう!


 

出典:weheartit.com

 

近所のスーパーやお店には、いつもは車や自転車で行っていたという方におすすめです。歩ける距離なら歩きましょう。休みの日はいつもより時間もあるので、ゆっくり散歩をする感覚でいけば、普段できない運動をラクにすることができます。わざわざジムに行かなくても、簡単にできるエクササイズになりますね。

 

 

いかがでしたか?

お休みの日は、日ごろの緊張の糸が切れて体調を崩しやすかったり、開放的になったりします。そんな時こそ、体重維持には気を付けないと、休みの最後の日に体重計に乗ってビックリしてしまうことになりますよ!ぜひ参考にしてみてください。



関連記事

・ダイエットに効果ある!?指そらしダイエット

・糖質制限中でもスイーツタイムを♡美味しい低糖質スイーツのポイント&レシピ

・ダイエットの大敵!顔のむくみを解消する方法