美容のためにエクササイズが大切だとわかっていても、なかなか続かないという人は多いはず。 ネットやテレビや雑誌では、いつもさまざまなエクササイズを紹介しています。 ただ、エクササイズのための時間をつくらないといけなかったり、やり方をよく読み込まないとできないものは面倒なので続きません。 ですが、私たちは毎日眠っているので、寝起きと寝る前の時間というのは誰にでも公平にありますよね。 そのチャンスを逃さず、楽ちんなエクササイズを毎日の習慣にしましょう。 エクササイズといっても、寝起きと寝る前では目的が違います。 細かいことを考えずにできて、体が気持ちいい!と感じる超簡単なエクササイズをご紹介します。

寝起きのエクササイズは、良い目覚めのために!


 

出典:visualhunt.com

 

寝起きがダルい人、午前中は頭がボーっとするという人、その時間がもったいないですよ。

眠っている間に固まっていた筋肉をストレッチで伸ばすと、血液やリンパの流れが良くなって内臓が機能し始め、すっきり目覚めることができます。

 

筋肉がほぐれて柔らかくなると代謝が上がるので、一日の消費カロリーが増えて太りにくくなりますよ。

それに、交感神経を刺激して脳の活性化にもつながるので、仕事や勉強もはかどります。充実した一日を過ごせそうですね。

 

ちょっとしたことで、そんなに効果があるのなら、ぜひ始めるべきです!

 

寝起きの簡単ストレッチ


 

出典:visualhunt.com

 

■呼吸を意識して全身を伸ばそう

 

覚めたら、布団から出る前に深呼吸をしましょう。

仰向けの状態で、足は肩幅くらいに開いて両手を真上で組みます。

足の先から頭の上までを順にイメージしながら、鼻から深く息を吸います。

 

次に、頭の先から足の先までを順にイメージして、口からゆっくり吐きながら体を伸ばします。

体の中心を保ちつつ、手足をできるだけ遠くに伸ばすよう意識しましょう。

片足ずつ上げて、腿の裏やふくらはぎの筋肉も伸ばすとさらに効果的です。

 

■足首を回そう

 

仰向けの状態でリラックスしたまま、ゆっくり足首を回しましょう。

カクカクならないように、スムーズに回します。

股関節と連動している足首を回すと、骨盤のゆがみ改善になります。

日常生活の中で少しずつ骨盤はゆがむので、意識して戻すようにしたいですね。足首がこわばっていると、ふくらはぎもむくみます。

柔らかくほぐして足全体の血行を促進させましょう。

 

足のむくみも改善され、足首をきゅっと引き締める効果もあります。

血行が良くなると、冷えも改善します。

 

寝る前のエクササイズは、良き眠りのために


 

出典:visualhunt.com

 

眠りに入る前のストレッチは、一日の疲れやストレス、コリをほぐしてリラックスするために行います。

緊張をほぐすためなので、あまりがんばり過ぎないことが大切です。

副交感神経を刺激して良質な睡眠をとれるように、ゆるやかなストレッチにしましょう。

 

質の高い睡眠がとれると、ダイエットにも役立ちますよ。

まず、睡眠中に出る成長ホルモンが脂肪を分解してくれます。

また、満腹中枢を刺激するレプチンが出て食べ過ぎを防いでくれます。

 

睡眠不足だと食欲中枢を刺激するグレリンのために食べ過ぎてしまうのです。

美しいスタイルをつくるには、よく眠れるようにストレッチを中心としたエクササイズをしたほうがいいですね。

 

寝る前の簡単エクササイズ


 

出典:visualhunt.com

 

■猫のポーズ やり方

 

1.四つん這いになり、視線は下に向けます。

2手足それぞれ指をくっつけ、足幅はこぶし2個分ほど開けます。

3.口からゆっくり息を吐きながら、お腹をぽっこりへこませます。

4.鼻からゆっくり息を吸いこんで、9秒息を止めます。

5.息を吐きながら「にゃああああ~」と鳴きつつお尻を突き出して、9秒持続します。

 

これで、ホルモンが活性化され、脂肪燃焼効果が高まります。

一日10回程度するとかなり効果があるそうですよ。

緊張と緩和を繰り返すこのエクササイズをすると、よく眠れたうえに眠っている間の脂肪燃焼が進むなら、ぜひやるべきですよね。

ちょっとセクシーなポーズなので、パートナーがドキッとするかも。

 

■ゴキブリ体操 やり方

 

1.手足を床につけ、体の力を抜きます。

2.腰が浮かないように意識して、手足を床に垂直に上げます。

3.手首、膝の力を抜いて1分程度ブルブル振ります。

 

昔からあるゴキブリ体操は、その名のとおりゴキブリがひっくり返って足を動かす様子に似ていることからつけられた名前です。

名前は今ひとつですが、簡単なのに全身の筋肉の緊張をほぐして血行を促進する効果の高い体操なのです。

1分程度のエクササイズなので、毎日の習慣にできそうですね。

終わったら、ゆっくり深呼吸して眠りにつきましょう。

 

注意すること


 

出典:visualhunt.com

 

寝起きも寝る前も、緩やかな動きのエクササイズなので、勢いや反動をつけないようにゆっくりした動きを意識しましょう。やり過ぎたり、呼吸を止めないように注意してください。

 

効果を感じるためには、少しの時間でも毎日きちんと続けることが大切です。

細かなことは気にせず、自分が「気持ちいい!」と感じる時間や強度で行うことがずっと続けるコツです。

 

面倒な運動をしなくても、楽ちんなエクササイズを継続すればしなやかで美しい体はつくれるのです。

ご紹介したエクササイズは、血行がよくなって気持ちよく感じるものばかりです。寝起きと寝る前の大切なひととき、自分の体に集中してみましょう。



関連記事

・ずぼらさん必見!お手軽に出来ちゃうエクササイズ3選

・3つの“B”でリッチな理想体型に♡憧れの洋服を着こなそう!

・太りやすい体質にさようなら♡押さえるべき4つのポイント