妊娠中に増加した体重や、産後のたるんだお腹をどうにかしたい!そんなママは多いですよね。 産後に急激に体型が戻る芸能人やモデルさんを見ると気持ちは焦るばかり。 しかし、産後ダイエットには注意が必要です。子育てしながらでも、ダイエットを効果的に導く食事や運動法をご紹介します。 無理せず理想の体型に近づきましょう。

 

産後のダイエットで注意したいこと


 

出典:weheartit.com

 

1.出産後すぐには行わない

 

産後は子宮やホルモンバランスが妊娠前の状態に戻ろうとします。

昔から産後の肥立ちとも言われていますが、体を休めるのに大切な時期です。

出産後1ヶ月は体力を回復させるのを第一にゆっくり休みましょう。

この時期に無理をすると精神的にも不安定になりやすいので注意が必要です。

 

2.激しい運動はしない

 

出産は自分の想像以上に体力を使っています。

産後の疲労が回復するのにはかなり時間が掛かると心得てください。

運動を始めるならゆっくりとしたものから、徐々に負荷や時間を掛けていくことを心がけましょう。

 

3.無理なカロリー制限はしない

 

出典:weheartit.com

 

産後の体は疲れを回復するのに栄養を求めています。

また、母乳の出をよくするためにも無理なカロリー制限はしないようにしましょう。

ダイエットの影響で大切な赤ちゃんの食事をストップさせないように!

無理は禁物です。

 

4.ストレスを感じるダイエットをしない

 

ダイエットにとらわれ過ぎて、無理な制限や負荷を掛けると精神的なダメージが蓄積します。

ただでさえ産後は十分な睡眠が取れず、育児で疲れが溜まりやすくなっています。

ストレスは産後うつにもつながるので注意が必要です。

 

5.急激に減らそうとしない

 

芸能人やモデルさんの急激な産後の体型の変化を見ていると気持ちが焦るものです。

でも、そのような人には専門家やトレーナーがついている場合が多いのも現状です。

素人判断で無理をせず、ゆっくり戻していきましょう。

 

産後に効果的なダイエット法


 

先に挙げた注意点を守り、無理せず行いましょう。

産後でも効果的なダイエット法をご紹介します。

 

質の良い母乳育児を心がける

 

出典:weheartit.com

 

母乳育児は1日約600kcalを消費させると言われています。

運動することなく600 kcal消費するなんてすごいことですよね?

また、質の良い母乳を心がけるなら脂肪や糖分の多い食事はNG!

おのずとダイエットに繋がるんです。

何もしていないのに痩せられるなんて一石二鳥です。

 

栄養バランスを整え、和食中心に

 

出典:jp.pinterest.com

 

質の良い母乳のためにも脂肪や糖分の少ない和食が効果的です。

産後は体力回復を目的とし、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

和食は作り置きできるものも多く、台所に立つ機会も減らせます。

具だくさんの味噌汁など、簡単に出来て栄養もたっぷり摂れるようなものを食べましょう。

 

運動は産褥体操から

 

 

産褥体操は呼吸法から始まるストレッチです。

産後すぐに始められ、疲労が蓄積した体を癒すとともに筋肉を鍛えられます。

緩やか過ぎて物足りないかもしれませんが、始めは無理をしないことが大切です。

体が慣れたら骨盤体操やウォーキングなど負荷の高いものにシフトしていきましょう。

 

 

いかがでしたか?

産後のダイエットは以外にも無理することなく簡単なものから始められます。

適切な体重に戻すのは大切ですが、無理は禁物!

自分に合った方法でストレスを貯めることなく、緩やかに始めてみましょう。



関連記事

・ちゃんと知って効果的に痩せよう♪有酸素運動と無酸素運動の違いって?

・GENKINGが大絶賛!”青汁”で我慢せずに痩せやすい体になるダイエット法

・コーヒーで痩せる?正しい飲み方でコーヒーダイエットの効果アップ