日本ではあまり聞き慣れない「ゴジベリー」。でも杏仁豆腐にトッピングされている赤い実なら「知ってる!」という人も多いのではないでしょうか。ゴジベリーは、日本では「クコの実」として知られています。どうやらクコの実・ゴジベリーがニューヨークで大流行しているようなんです。ゴジベリーに隠された魅力をお届け致しましょう。

1.ゴジベリーとは?


 

出典:jp.pinterest.com

 

海外の美容番長として知られるミランダ・カーが愛用している「ゴジベリー」。

 

ゴジベリーはスーパーフードの1つで、あの小さな赤い実の中にたっぷりの栄養素が詰まっています。

ゴジベリーは世界三大美女の楊貴妃も美容のために欠かさず食べていたという逸話も残っている注目の果物で「不老長寿の実」とも言われているんです。

 

どうしてそのような別名がついているのか。

それは100種類以上のビタミンやミネラルが豊富に含まれているから。

 

たっぷりの栄養素のおかげで「滋養強壮、血行促進、血圧安定、肝臓病予防、腰痛改善、老化防止」など、身体に嬉しい様々な効果を期待することができるんです。

 

2.女性に嬉しい魅力がたっぷり♡


 

出典:jp.pinterest.com

 

女性なら美容やダイエットに効果のあるものを取り入れたいと思いますよね!

ゴジベリーには先ほど紹介した効果の他にも美容・ダイエットに最適な成分もたっぷり含まれているんです。

 

ゴジベリーにはポリフェノールやビタミンCなどの抗酸化物質が含まれています。

これらの成分はメラニン色素を抑制し、シミ・そばかすを抑える効果を発揮します。

また、シワやたるみなどの肌老化やできてしまったシミや紫外線対策にも最適です。

 

ダイエットやむくみに効果のある成分として「ベタイン・リノール酸・ビタミンB2・ルチン」もあげられます。

ベタインは肝臓の働きを促進し、脂肪の蓄積を防ぎます。肌や髪にハリや潤いも与えてくれる成分です。

リノール酸はコレステロールを排出、ビタミンB2は脂肪燃焼、ルチンは冷えを改善しむくみ改善に効果を発揮します。

 

ゴジベリーは健康だけでなくダイエットや美容にも最適の果実。

ぜひ普段の食生活の中にスーパーフード「ゴジベリー」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

3.ゴジベリーのおすすめの食べ方


 

出典:jp.pinterest.com

 

ゴジベリーは小さい実ですが、カロリーはやや高め。

1日の摂取目安は20粒までにとどめてくださいね。

 

ヨーグルトやフルーツグラノーラに混ぜて食べても、杏仁豆腐などのデザートのトッピングに使ってもOK♪

スーパーフードをたっぷり使ったスムージーを作ってみるのもおすすめです!

1日の生活の中にぜひ取り入れてみてくださいね♡

 

(ただし、ゴジベリーには中絶作用があると言われています。

大量摂取をしなければ問題はありませんが、念のため妊娠中や授乳中の方は摂取を控えてください。)

 

 

いかがでしたか?

美容・健康・ダイエットに効果を発揮するスーパーフード「ゴジベリー」を、あなたの食生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか♡



関連記事

・沢山食べても大丈夫!太りやすい女の子でもこれで安心♡

・30秒でくびれができる!お腹をせこませるだけダイエット法

・ダイエット初心者さん向け♪お手軽☆楽チンダイエット