食べたいものを好きなだけ食べて痩せられる!そんなダイエット方法があったらストレスフリーで無理なく痩せられますが、なかなか難しいところ。そこで、食べたい欲望は欲望のまま、おやつや間食OKなダイエット方法をご紹介します。健康的に痩せて理想のボディーを手に入れましょう。

おやつを食べてもOK!?


 

 

おやつを上手に取り入れてダイエットしようという考え方はイタリアからはじまりました。

日本でもダイエット成功者の実に9割が、おやつや間食をしているというデータもあるほどなのです。

 

おやつを食べる時間、目的は?


 

出典:up.myreco.me

Mariko@mari511

 

イタリア式おやつダイエット法では1日2回おやつを食べます。

 

1回目は朝食とランチの間、おおよそ11時頃です。

イタリアのランチは13時以降とちょっと遅めなため、小腹を満たす目的でランチ前におやつを食べます。

 

2回目はランチとディナーの間、夕方16~17時頃です。

イタリアではディナーも遅めの20時以降が一般的なため、ディナーの前に小腹を満たす感じでつまみます。

 

このようにおやつを2回も食べる理由は、ランチやディナーでがっついて大量に食べてしまう行為を防ぐ目的があります。

 

おやつに何を食べたらいいの?


 

 

では、間食OKとして、果たして何を食べてよいのか?ということになりますが、考え方としては一日全体の食事のバランスを間食で整える、ということになります。

 

つまり、フルーツや野菜、全粒粉パンなどが望ましいおやつとなります。

そして、単品で間食を終えるのではなくシリアルとフルーツとか、クッキーと野菜とか、チーズと全粒粉パンなど、複数の食品を組み合わせてバランス良く摂取し、全体的な栄養バランスを整えることが重要です。

 

無糖コーヒーやカプチーノを飲んだり、ヨーグルトでおなかを膨らませるというのも賢いおやつの摂り方と言えます。

 

おやつを上手に取り入れよう


 

 

ダイエット成功者の9割はおやつを食べているという調査結果もあるほど、おやつはダイエットの天敵ではないのです。

まずは「おやつを食べたり間食をすることはダイエットに不利」という考え方を変える必要がありそうです。

そうすれば、変な罪悪感やストレスも少なくなって、楽しくダイエットに取り組めそうですよね。

 

 

「ダイエットしているから食べない」じゃなく、おなかを空かせすぎない方法で、バランス良くおやつと上手なお付き合いをすれば、健康的にストレスフリーにダイエットが出来るはずです。

おやつを食べる式ダイエット、一度試してみてはいかがでしょうか。



関連記事

・ダイエットには「黒い食べ物」を食べましょ♡黒い食べ物の効能とおすすめレシピ

・スタイルが良く見えるポイントは腰回り...!寝ながらヒップアップエクササイズで美尻をGET!☆

・「野菜から食べる」はもう古い!?最新プロテインファーストダイエットとは