話題の糖質制限ダイエットや健康法。頑張っている女子も多くなってきています。 しかし、なかなか「糖質」を制限するのって難しい・・・特にスイーツ大好きな方にはまさに「苦行」という言葉がピッタリ当てはまると思いきや、そんな事はないんですよ♪ 糖質制限中でも食べられる、「低糖質スイーツ」ならしっかり甘さを感じながらストレス軽減を図れます! 今回はそんな「低糖質スイーツ」のレシピと共に、注意点やポイントもしっかりご紹介していきます。 甘い物が大好き、食べながら長くダイエットを続けたいと思っている方必見です☆ご一読下さいね。

糖質制限中・・・でも食べたい!注意したいポイントは?


 

1.糖質を「摂らない」ではなく「制限」。適量必ず食べる事

 

出典:jp.pinterest.com

 

糖質や炭水化物等の「制限系ダイエット」でどうしても履き違えがちなのが、糖質や炭水化物を「全く摂らないで痩せる」と勘違いしてしまうこと。

 

もちろん、急激に痩せる可能性もありますが、それはあくまで身体が糖質や炭水化物からのエネルギーを受け取れないため、一時的に脂肪を燃焼させて生命活動を維持する「飢餓状態」と言われる応急手段。

いざ体重が減り、再びダイエット前と同じように糖質や炭水化物を食べ始めると、飢餓状態の身体は「今度はいつ糖質や炭水化物が摂れるかわからない」と今まで以上に身体に脂肪を貯め込みます。

これがいわゆる「リバウンド」の大きな原因です。

糖質・炭水化物は必ず適量食べ続けていきましょう。

 

厚生労働省の推奨では、推定エネルギー量のおよそ50%~65%を占める必要があるとの事。

30代女性の場合、軽作業(家事や事務作業)で必要なカロリーは1日約1750kcal。

この60%を計算すると、1050kcalとなります。

糖類は1gあたり4kcalですので、単純計算で260gの糖質・炭水化物は「最低限」必要となります。

目安として覚えておきましょう。

 

 

2.甘味料は砂糖の代わりに少量で甘みを感じる「人工甘味料」がオススメ

 

出典:jp.pinterest.com

 

市販の白砂糖をそのまま使用してしまうと、カロリー、糖質共に多く消費してしまいます。

糖質制限中なら「人工甘味料」がオススメ。

有名な人工甘味料としては「パルスイート」が有名ですね。

低カロリー、糖類はゼロでありながら、砂糖の3分の1で同等の甘さが再現できます。

 

やっぱり人工はどうも苦手・・・という方には植物由来の甘味料もあります。

天然の甘味料から抽出したもので、カロリーはゼロ、甘さは砂糖の約2倍。

どちらも上手く使いながら、美味しいスイーツで満足して糖質制限中もできるだけストレスなく過ごしていきたいですね♪

手作りスイーツならこの部分を自分で調整できるので、とても便利ですよ。

 

手作りスイーツで美味しく満足♡美味しいレシピ3選


 

1.糖質制限中でもOK☆ふかふかパンケーキ

 

出典:cookpad.com

 

※材料※(8cm5枚くらい)

 

大豆粉 40g

ふすま粉 10g

ベーキングパウダー 3g

エリスリトール 大さじ2

卵 M1個

豆乳or牛乳 70cc

バター お好みで

 

※作り方※

 

1 バター以外の材料をぐるぐるまぜます。

 

2 フライパンに油をしき、弱火でやきます。 焦げやすいから、弱火でじっくり♡

 

3 焼くときはココナッツオイルがオススメ(^_^)

出典:cookpad.com

 

小麦粉の代用として大豆粉とふすま粉を使用。

これで糖質はグッと抑えられます。

 

1枚当たりの糖質は4.4g。

カロリーも82kcalと低カロリーなパンケーキの完成です♪

ふすま粉は、小麦粉の外側の皮だけを粉にしたもので、ビタミンやミネラルが豊富。

近年の健康食材としても注目されています。

 

ベーキングパウダーや豆乳等、ちょっと揃えるのが面倒・・・と感じた場合は、低糖質用のホットケーキミックスも市販されています。

そちらを使っても美味しいパンケーキを作る事ができますよ。

 

 

2.フライパンでできる♪低糖質カスタードプリン

 

出典:debusotsu.jp

 

※材料※(3人分~)

 

豆乳 250ml(糖質7g/115.5kcal)

卵 2個(糖質0.4g/152kcal)

ラカントS 40g

ホワイトラム(またはバニラエッセンス) 大さじ1/2

 

※作り方※

 

①すべてをボウルに入れ混ぜる。

 

②ココットなどの容器に薄く油を塗り、茶こしでこしながら①を入れる。

 

③フライパンに水を入れ沸騰させる。

 

④②にアルミホイルで蓋をし、③に入れる。

 

⑤フライパンに蓋をし、弱火で10分蒸す。

 

⑥火を止めたら10分置き、取り出して粗熱を取り、冷蔵庫で3時間以上冷やす。

出典:debusotsu.jp

 

こちらも糖質は合計で7.4gとかなり低糖質。

安心して食べられますね。

 

材料にある「ラカントS」とはサラヤ株式会社というメーカーが作っている人工甘味料です。

ただ、人工とは言っても素材は天然素材のみ。

「羅漢果(らかんか)」と呼ばれる果実エキスとトウモロコシの発酵から得られる天然甘味料を組み合わせて作られています。

この部分は甘さの加減にもよりますので、お好みの甘さになる甘味料を探してみるといいでしょう。

 

オーブン等を使わず、ボウルとフライパンだけで作れる簡単レシピ。

ちょっとしたスキマ時間にささっと作っておくと小腹が空いた時に便利です。

 

 

3.オシャレなスイーツに挑戦♡低糖質アップルシナモン

 

出典:cookpad.com

 

※材料※(2人分〜)

 

りんご 1/2個

ココナッツオイル 大さじ1

シナモンパウダー 小さじ1/4

パルスイート顆粒 大さじ1/2

 

※作り方※

 

1 りんごは半分を種を取ってうすくスライスします。 皮付のままで使います。

 

2 フライパンにココナッツオイルを入れて火を付けてりんごを入れて中火で両面をしんなりするまで焼きます。

 

3 2をお皿に移します。

 

4 3の上にシナモンとパルスイート顆粒をふりかけて出来上がりです。

出典:cookpad.com

 

お砂糖の代わりに人工甘味料であるパルスイートを使う事によって糖質を下げています。

実質的な糖質は7.9g。

こちらもかなり低い数値ですね。

ココナッツオイルは近年美容や健康に有効と随分話題になったため、目にした事のある方も多いのではないでしょうか。

ダイエット効果はもちろん、免疫力の向上や美肌・美白効果、さらには活性酸素の除去と、今時の女子なら是非取り入れたい食材の1つ。

 

糖質制限をしながら美容と健康も意識する。

どれも大切な要素ですので、できるだけ取り入れて上手く活用していけるのも、おうちレシピならではの嬉しいメリット♪

色々な組み合わせを考えるのも楽しいですね。

 

お手軽・気軽に糖質制限&スイーツでダイエットを成功させよう!


 

出典:jp.pinterest.com

 

近年の「糖質制限ダイエット」ブームで、コンビニや店舗でも糖質をカットした商品が多く販売されています。

しかし、コンビニやお店に入ると誘惑がたくさん。

美味しそうなチョコレートや菓子パンを思わず買い食いしてしまい、がっかり・・・。という事も起こりがちですよね。

 

その点、自宅で低糖質のお菓子を作っておけば、わざわざコンビニに買いに行かなくても、冷蔵庫の中をのぞけばいつでも入っている状態。

食べたい時に食べられるというのも、ストレスが軽減される大きなポイントでもあります。

 

コンビニで衝動買いするぐらいなら、おうちで簡単お菓子作り♪作り置きしてしっかり食べながら糖質制限ダイエットを成功させていきましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

低糖質スイーツと聞くと、手間がかかりそうというイメージですが、人工甘味料やちょっとした工夫で簡単に美味しいお菓子が手作りできます。

是非参考にしていただき、頑張っている糖質制限ダイエットの助けにして下さいね。



関連記事

・書くだけで痩せちゃう…?話題のレコーディングダイエット♡

・健康的に痩せる☆スムージーのおすすめ組み合わせメニュー

・ダイエットは明日から?!先延ばしおデブはNG!今からできるダイエット4選