美容やダイエットにいいとされる「スムージー」。以前激太りしたレディ・ガガが、自家製のグリーンスムージーでダイエットに成功したことが話題となり、キレイの秘訣の定番ともなりましたね。そこで今回はスムージー・ダイエット成功のポイントをご紹介していきたいと思います。

グリーンスムージーがダイエットに効果的な理由


 

出典:jp.pinterest.com

 

グリーンスムージーとは野菜や果物をミキサーにかけてドリンクにしたもの。

 

野菜や果物には酵素やミネラル、ビタミン、食物繊維といった、美容やダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

 

ミキサーにかけることで、栄養素を包んでいる細胞壁が破壊されて体内に吸収・消化されやすくなるので、野菜や果物の栄養素を効率的に摂ることができるのですね。

 

また、腹持ちもいいので、無理な食事制限をせずとも健康的に痩せる事ができるのです。

 

ダイエットに効果的なグリーンスムージーの作り方


 

出典:jp.pinterest.com

 

◎野菜、果物、水だけで作る

野菜が苦手だったり味気なかったり…と、ヨーグルトや牛乳で作っていませんか?

ヨーグルトや牛乳といった動物性たんぱく質を一緒に混ぜると栄養素が吸収されにくくなり、効果は半減してしまいます。

 

◎野菜や果物は皮ごと使う

皮のすぐ下にはポリフェノールなどの栄養素が豊富に詰まっているため、さらなる効果を期待することができます。

野菜や果物は無農薬のものを使うようにすると安心ですね。

 

◎でんぷん質の野菜は避ける

にんじん、きゃべつ、かぼちゃ、オクラ、とうもろこしなど、でんぷん質の野菜は使わないようにしましょう。

果物との食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすくなってしまいます。

 

◎寒い季節にはホットスムージーを

寒い季節にスムージーを飲むと体が冷えてしまいますよね。

そんな時はホットスムージーがオススメです。

 

温めると酵素は死んでしまいますが、温めることで抗酸化力や善玉菌の活動力を高める事ができるので、整腸効果を期待することができます。

 

内臓を冷やすことが下半身太りや脂肪が付きやすくなってしまう原因にも。

体が冷えているなと感じる場合はホットスムージーを取り入れてみてください。

 

◎ホットスムージーの作り方

ホットスムージーの作り方は、

 

・通常通り作ったスムージーを鍋で温める。

・水ではなくお湯を使って作る。

 

などがあります。

 

体を温めるだけではなく、ほっとリラックスすることができるのも魅力的ですね。

 

◎体を温める食材を使っても◎

りんごや生姜、シナモン、ココアなど、体を温めてくれる食材を使うのも◎。

生姜はそのまま使うと逆に体を冷やしてしまうので、必ず温めるようにしましょう!

 

スムージーダイエット成功の3つのポイント


 

出典:weheartit.com

 

1.作りたてを飲む

野菜や果物は、カットされた瞬間から酸化が始まり、酵素やビタミンが失われていきます。

ドリンク状になるまで撹拌されているスムージーの場合は、特に酸化が早いのです。

 

その時に飲む量だけを作り、できたてを飲むようにしましょう。

 

2.グリーンスムージー単体で飲む

野菜や果物の栄養素を最大限に摂取するため、グリーンスムージーは単体で飲むようにしましょう。

 

胃がからっぽになっている朝食をグリーンスムージーに置き換えることで、吸収率もアップしますよ。

 

3.野菜や果物は皮ごと使う

前述のとおり、野菜や果物は皮ごと使う事がスムージーダイエット成功のポイントとなります。

 

栄養がたっぷりふくまれている皮を捨ててしまうのはもったいないですよ!

 

 

いかがでしたでしょうか?今や定番ともなっているグリーンスムージーですが、ダイエットとして取り入れるには成功の秘訣があったんですね。ぜひ挑戦してみてください。



関連記事

・正しくやってこそ得られる効果!腹筋で引き締まったウエストを手に入れる!

・もう我慢しないで!ダイエット中でも食べていい「おやつ」のポイントとおすすめ3選

・おやつの15時が食べても太らない時間ってホント?