女子なら誰もがチャレンジしたことのあるダイエット。成功した方もいますが、どちらかというと失敗、または諦めてしまった・・・という方も多いのではないでしょうか。 食事制限や運動、マッサージ。もちろんそれで痩せられるに越した事はありませんが、実はタイプによって効果のある太り方と無い太り方があるんです! 今回は「即痩せ」できる「太り」タイプとそうでないタイプ、さらには即痩せできるタイプさんへ向けたマッサージ方法もご紹介していきます。是非最後までご一読下さい。

「即痩せ」には条件がある!あなたはどの「太り」タイプ?


 

1.脂肪で太ってしまっている「脂肪太り」タイプ

 

出典:jp.pinterest.com

 

一般的に「太っている」と言われるとこの「脂肪太り」が最初に頭に浮かぶと思います。

カロリーオーバーで身体が代謝しきれず、脂肪として身体に蓄積されていく事ですね。

 

この「脂肪太り」は太り方に男女差も個人差も大きく出てきます。

皮下脂肪としてつくのか、体内に内臓脂肪としてつくのか。

「リンゴ型」や「洋ナシ型」でも大きく変わってきます。

 

女性の場合、皮下脂肪としてついてしまいがちですが、これを落とすのは結構大変かつ時間がかかります。

元々女性は脂肪がつきやすい体質ですので、さらに落としづらくなってくるのです。

1.太ももの肉を簡単にたくさんつまめる

2.爪先立ちになった時にふくらはぎがししゃものようにならない

3.足にメリハリがなく膝の周りに肉がたくさんついている

4.運動が苦手で大嫌い・運動経験はほとんど無い

5.太ももの裏側にとくに肉がついていて触ると硬い

6.太ももをねじった時ボコボコしている

7.子供のころから太っていた

8.足に力を入れたとき筋肉の筋が浮き出ない

出典:lier.jp

 

脂肪太りさんのタイプには上記のような現象が見られますので、チェックしてみましょう。

 

特に2と3は要注意。

筋肉が衰えて脂肪だけがつき始めている証拠ですので、ちょっと危険信号だと捉えておいて下さい。

 

 

2.むくみ・老廃物が流しきれない「水太り」タイプ

 

出典:jp.pinterest.com

 

こちらのパターンも現代女性には割と多いタイプ。

というのも、ほとんどの女性が日常を立ち仕事かデスクワーク、どちらかだけで過ごしている事が多いからです。

体内の水分や血液は重力には逆らえませんので、時間経過と共にどうしても下半身や脚に下りていってしまいます。

 

正常な状態なら、筋肉の力で押し返せるのですが、筋肉が弱っていたり、同じ体勢を取り続けるとどんどん水分が脚に溜まり「むくみ」の状態に。

 

ここからさらに、「冬でも水分をとりつづけましょう」と言われて水分を摂っていると悪化します。

水分を摂ること自体が悪いのではなく、適度に身体を動かさずに水分だけを摂ってしまうと代謝が追いつかず脂肪のように蓄積していってしまうのが大きな原因です。

1.朝方はまぶたがぼってりしフェイスラインがぼやけ気味

2.夕方になるとボトムや靴がキツくなる

3.太ももを指で押すと戻りにくい

4.下着などの跡が身体に残る

5.お手洗いに行く頻度が少ない

6.便秘や下痢にしばしば悩まされる

7.お肌がカサつき気味

出典:moteco-web.jp

 

お手洗いに行く頻度の正常な目安は1日8回。

普通に考えてもそんなに行きませんよね。

この事からも、女性の多くが「むくみ」や「水太り」で悩んでいるのが窺えます。

「念のため行っておこう」はノーカウント。

行きたいときに行く回数、8回ありますか?

 

 

3.学校で運動部だった女子は注意「筋肉太り」タイプ

 

出典:jp.pinterest.com

 

元々は筋肉でほっそりしていた部分が、年齢や環境と共に動かさなくなって衰え、筋肉と脂肪が混ざり合った状態で蓄積している状態を言います。

 

主に学校で運動部だった女性にありがちな現象。

こちらは「脂肪太り」よりもかなり厄介です。

 

というのも、筋肉と脂肪が混ざり合っている状態で身体を動かすと筋肉がついて太って見え、じゃあ逆に食事制限だけ・・・と脂肪を減らそうとしても今度は筋肉が減って代謝が落ち、やはり太って見えるという八方塞がりだからです。

 

激しい運動や筋トレ、そして食事制限も御法度。

あくまでも緩やかに、じっくりと肉体改造をしていくしかありません。

1.見た目は筋肉っぽい

2.力を入れてない状態でも、脚が硬い

3.スポ-ツを辞めて数年たつ

4.人と比べて脚は太いが力が弱い

5.力を入れても筋肉の動きが見えない

出典:yasekore-diet.jp

 

当てはまった方は焦って運動したり流行のダイエット法はほぼ無駄である事を肝に銘じましょう。

「筋肉をそのままに脂肪を落とす」ためにはそれなりの方法がありますので、この機会にじっくり調べてみて下さい。

 

「水太り」さんならこれで即痩せ!リンパマッサージ♪


 

出典:jp.pinterest.com

 

水太りさんなら仕事が終わり、自宅に戻ったらしっかりとマッサージを行う事。

これだけでも次の日のスッキリ、ほっそり感はかなり実感できます。

 

手をグーの形に握り、脚を上から下へ向かって揉みほぐし、固くなったリンパ節を温めながら柔らかくしていきます。

最初は痛いかもしれませんが、序盤の数日だけですのでグッと我慢。

できるだけ毎日続けていきましょう。

 

出典:jp.pinterest.com

 

両足の膝裏を5秒ずつ押しては戻すを4~5回、ゆっくりと行います。

膝の裏にはコリのツボの他にもリンパ節が密集している状態。

 

水太りさんならほぼ間違い無く「固く」「痛い」はずです。

ゆっくり、ゆっくりこちらも揉みほぐしていきましょう。

上の「手をグーにして揉みほぐす」方法と一緒に行うとさらに効果的。

 

脚の疲労を取り除けば、次の日からも元気に過ごせます。

できるだけ習慣づけられるといいですね。

 

タイプによって変えていこう。時にはプロの力と助言も必要


 

出典:jp.pinterest.com

 

実際問題、マッサージだけで「即痩せ」を実現できるタイプと方法はほとんどありません。

水太りタイプさんのような、すぐに動かせるものでなければ実感は難しいはず。

それが筋肉や脂肪であれば、そう簡単に落ちる、動かせる、取れるものではありません。

 

現代は情報社会になり、ダイエット法にすら「流行」が出てきました。

しかし、自分がそのダイエットやマッサージをやって効果的なのか?はまた別の話です。

自己流でやればもちろん、お金や時間はかかりません。

 

でも、どうにもならない・・・と感じたら、思い切ってプロの力を借りる事も視野に入れてみましょう。

確かに費用はかかりますが、無意味なダイエットを繰り返して心身に負担をかけるよりも、長い目で見ればこちらの方が安心で確実に成果を得られます。

 

自分のタイプがわからなかったり、ダイエットジプシーになってしまっていたら、一度専門家の力を借りてみる事も検討してみて下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか?

一口に「太っている」と言っても様々なタイプがあり、千差万別。

自分に見合ったダイエットで美ボディを手に入れたいですよね。

是非この機会に、マッサージや食事制限、運動、そしてプロの力を加え、多角的な目で見ながら、成功への道を探ってみて下さいね。



関連記事

・来週デートがあっても間に合う♡1週間ダイエット!

・みんなが羨む”くびれ”をつくる上で基礎となる6つの方法

・お手軽!簡単にできる朝野菜ジュースダイエットで-3kgを目指そう♡