みなさんは現在テレビで話題となっている「8:16ダイエット」をご存じでしょうか? 画期的なダイエット法として注目を集めている知らなきゃ損損のありそうで無かったダイエットの形です。そこで今回は、そんな8:16ダイエットにスポットを当てながら、そのやり方や効果などについてもご紹介していきたいと思います。気になる方はメモのご用意を!

8:16ダイエットとは


 

出典:weheartit.com

 

8:16ダイエットとは、1日24時間の中で食事をする8時間と食事を取らない16時間に分けるという何とも不思議なダイエット法のことを指します。

 

例えば朝8時に朝食を食べるという食生活の方は、その時間からスタートして1日最後の食事が夕方4時になるという考え方。

これは8時間の間であれば何度食事をしても良く、そのかわりその後の16時間はしっかりと胃腸を休める時間にするということが絶対的なルールとなります。

それさえ守れば食事時間である8時間はあなたのライフスタイルに合わせて決めることが出来るという臨機応変なダイエット法です。

 

また上記でも触れましたが、8時間の間であれば何度食事をしても良いので、特に朝食、昼食、夕食と3食に分ける必要はありません。

例えば朝食を食べない人や昼食は少なめに食べておやつも食べたいと考えても、それはまったくもって問題ありません。

 

ただし16時間も食べない時間を設けなくてはならないため、1日の中で取る最後の食事だけはたっぷりと食べることをオススメします!

それはこのダイエットを挫折なく続けるための裏ワザとも言えるでしょう。

空腹でストレスを抱えていては長続きしませんからね。

 

すぐに実践したい人へ、やり方をまとめてみました


 

出典:weheartit.com

 

①1日のうち食べて良い8時間と胃腸を休める16時間があります

 

②8時間の間であれば特に食事制限はありません

 

③お酒も飲んでOKですがほどほどに!

 

④朝は必ずたっぷりの水を飲んでください

※代謝アップのために欠かさない方が良いです

 

⑤食事の取れない時間帯の空腹にはバターコーヒーを飲みましょう

 

レシピは簡単!

ホットコーヒーに小さじ約2杯ほどのバターを入れるだけ。

1日3杯までなら飲んでもダイエットの邪魔になりませんよ。

もしも食事の取れない16時間の中で空腹感に悩まされたらコレを飲んでみてください。

バターの脂肪分が空腹感を和らげ、イライラまでをも軽減してくれることでしょう。

 

ではなぜ食べない16時間があるのでしょうか。

胃腸をしっかりと休めるということは……

休んで元気になった消化器の動きが活発になり、活発になるということは代謝をアップさせるということへと繋がっていきます。

また代謝がアップすることで脂肪をしっかりと燃焼させてあげられることとなり、それが体重の減りに繋がるのです。

 

こうした一連の好連鎖がダイエットを成功させる大きな鍵となって表れることでしょう。

ですからこの8:16に分けられた時間を大切に考え、工夫しながらダイエットしていくことが、何よりもこのダイエットを実りあるものへと結びつけるポイントなのではないでしょうか。

 

生活習慣病の予防にも効果的


 

出典:weheartit.com

 

この8:16ダイエットの良さは、ただ体重を減らすということだけにとどまりません。

それはダイエットと合わせて病気の予防へとも繋がっていくから。

 

きちんと食事を取り、健康的に痩せていくということで、体重の減少と共に「高血圧」や「糖尿病」といった生活習慣病の予防としても大きな効果を上げています。

生活習慣病は主に偏った生活習慣から引き起こす病気。そのため生活習慣を改めるということだけでも、大きな予防になります。

8:16ダイエットはそんな生活習慣、特に食生活に関して改善を図るのに良い機会となることでしょう。

あなたが健康になることで、自然と生活習慣病も遠ざかっていくのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

やる気さえあれば誰でも簡単に始められる8:16ダイエット。

決して無理をすることなく、健康的に痩せたいあなたのためのダイエットですよ。

興味のある方はぜひ一度お試しください。



関連記事

・【渋谷編】おすすめエステサロンまとめ★リーズナブルなサロンに通って憧れの美脚になりましょう♪

・コーヒーを飲むだけ⁉ めんどくさがり屋さんでもできるコーヒーダイエット♡

・血液型で痩せる方法が違うってホント!?得意な食べ物、エクササイズを見極めて!