大豆の栄養素をしっかりと詰め込んだ豆乳。その栄養バランスの良さで、健康や美肌などに良いというのは良く知られていますが、実は飲み方ひとつでダイエットにも活躍してくれるのです。 その“飲み方”とは、生理前に豆乳を飲むという、いたってシンプルな方法です! では、生理前に豆乳を飲むだけのカンタンな方法でどうしてダイエットなるのでしょう?その秘密とやり方を調べてみました!

なぜ生理前が効果的なの?


 

出典:jp.pinterest.com

 

本来、生理前は代謝が落ちて老廃物や水分をうまく排出できないためむくみやすく、脂肪もつきやすくなります。

また、食欲も増加しがちでつまりダイエットには一番不向きな時期といわれています。

精神的にも不安定になりやすくなるこの時期に、なぜダイエットができるのでしょう?

 

女性の体は、生理前の余分なものを溜め込んでしまう時期と、生理後の溜め込んだものを徐々に排出していく時期がバランスよく働いて、プラスマイナスゼロとなるのが本来のリズムです。

なので、生理前の溜め込み時期に脂肪や老廃物を溜め込まないようにすれば、生理後の燃焼や排出時期に元々の体脂肪や老廃物が燃焼、排出されるのでダイエットに結び付くということです。

 

なぜ豆乳がいいの?


 

出典:jp.pinterest.com

 

豆乳には、生理前の溜め込みを防いでくれる栄養素が豊富に含まれています!

 

・大豆イソフラボン

 

豆乳といえばやはり大豆イソフラボン。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きをするため、女性ホルモンの分泌が減少する更年期やホルモンバランスが乱れやすい方は積極的に摂取したい栄養分です。

 

 

・大豆たんぱく質

 

大豆たんぱく質は余分な脂質と結びつくことで血中の悪玉コレステロールを低下させると言われています。

また動物性のたんぱく質に比べて低カロリーで、体内での吸収や分解に時間がかかるので満腹感を得やすいとされています。

 

 

・大豆サポニン

 

豆乳に含まれる大豆サポニンには、抗酸化作用、血行促進の効果があると言われています。

小腸での脂肪吸収を抑えてくれたり、血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれるので、ダイエットだけでなく生活習慣病の予防にもつながります。

便を柔らかくしてくれるので便秘の予防にも。

 

 

・オリゴ糖

 

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。

善玉菌を増やし、便通を良くしてくれます。

 

その他、イライラなどの精神的不安定の予防や食欲コントロールに効果的とされる、ビタミンB群やマグネシウム、レシチンなども豊富に含みダイエットをサポートしてくれます。

 

生理前豆乳ダイエットのやり方


 

出典:jp.pinterest.com

 

生理前豆乳ダイエットの方法は、生理前の7~10日間に毎日豆乳を1パック飲むだけと、いたってシンプルです。

 

ポイントとしては、なるべく無調整豆乳を選ぶこと、糖が添加されておらず、栄養価も高いのでおすすめです。

飲むタイミングは食前、または間食の置き換えとして飲むのが良いでしょう。

大豆イソフラボンの取り過ぎにより、女性ホルモンのバランスを崩してしまうこともあるので、豆乳を飲む量は1日200mlほどの摂取が望ましいとされています。

 

 

いかがでしたか?

カラダに良いというのは分かっていたけど、何となく気が向いたときにだけに飲んでいたという方が多いかと思います。

今後は飲むタイミングを意識して、生理前の溜め込み体質改善でダイエットを成功させてみませんか?



関連記事

・目指せ!ヘルシーBODY♡中村アンちゃんに学ぶダイエット術特集!

・乳製品NG!?今日から始める体質改善ダイエット

・テレビで話題!知らなきゃ損する8:16ダイエットのこと