話題ブロススープをご存知でしょうか。とても強そうなネーミングですが、実はとってもエコで栄養のあるものなんですよ。そして特別に用意しなければいけないものがなく、家に余っているもので作れる魔法のようなスープなのです。 ニューヨークでも流行しているブロススープで身体をあたため、毎朝の美容習慣を作りませんか。

ブロススープってなに?


 

出典:www.instagram.com

 

ブロススープとは、料理をしているときに出る野菜の皮や根っこ、へたや茎の部分やお肉の骨の部分を使用して作るスープなんですよ。

食べられないと思って捨ててしまっているのではないでしょうか。

野菜や骨などの普段ゴミとして捨ててしまう部分にこそ栄養がたっぷり含まれています!

実は捨ててしまうなんてもったいない部分なんですよ。

 

 ブロススープってどんな効果があるの?


 

出典:www.instagram.com

 

ブロススープは健康に良いだけでなく、美容にもとってもいい成分がとけ込んでいます。

野菜の皮や根っこなどには、フィトケミカルやミネラル分がたっぷりと含まれています。

 

フィトケミカルとは、第7の栄養素として注目されている栄養素で、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分に含まれポリフェノール、イソフラボン、リコピンなど健康や美容に良い影響を期待できるものの総称です。

肌をさびさせない抗酸化作用や身体を強くする免疫力アップ効果なども期待されています。

野菜や骨のエキスを全部を煮出すことでそのものが持っている栄養のすべてがとれる「ブロススープ」が出来上がるのです。

 

ベジブロスのレシピをご紹介致します。


 

出典:www.instagram.com

 

いつも捨てている玉ねぎ、人参、キャベツ、白菜、青菜の皮や根っこ、芯などをよく洗ってとっておきます。

両手にのる分ぐらい集まったら鍋に入れ、水を1L、そして小さじ1の日本酒を入れて、沸騰する手前の火加減でじっくりコトコトと茹でます。

30分ほどたったら野菜を取り除けば出来上がりです。

 

とてもおいしい野菜のエキスがでているのでそのまま飲むのもよし、お味噌汁やスープ、カレーなど水を入れるかわりにベジブロスを入れると、お料理がいつもより美味しく出来上がります。

栄養もアップしますよ。

 

動物の骨を煮出したボーンブロススープのレシピをご紹介致します。


 

出典:www.instagram.com

 

ボーンブロススープは、牛、豚、鳥などの骨を煮込んでできたスープのことです。

作り方はベジブロスと同じく、捨ててしまう骨の部分をじっくりコトコト煮込みます。

圧力なべなら30分ほどの加圧で出来ますが、お鍋なら沸騰させてからごく弱火で10時間以上煮込みましょう。

 

煮込み終わったら濾してアクを取り、冷めたら冷蔵庫に入れて冷やしましょう。

冷やすことで固まった脂を取り除くことができます。脂を取り除いたら出来上がりです。


骨だけでなく、くず野菜も一緒に煮込むのもおすすめです。

骨から溶け出すコラーゲン、タンパク質、ミネラル、アミノ酸等、野菜から溶け出すミネラルやフィトケミカルなど栄養満点のスープとなります。

 

煮込む時間は長ければ長いほど栄養が溶け出し、24時間じっくりと煮込むのがおすすめです。

健康志向のニューヨーカーの間でボーンブロスがとても流行しているんですよ。

 

お湯を注ぐだけでできる簡単ブロススープをご紹介!


 

出典:www.instagram.com


じっくり煮込んでできるブロススープ。

そんなの面倒だけど栄養たっぷりのブロススープは飲んでみたい!と言う方には、お湯を注ぐだけでできちゃう簡単なものがあるんです♡

忙しい朝食や、小腹がすいた時にも最適です。

 

・ナチュリスト BONE BROTH チキン&ジンジャー

 

出典:www.instagram.com

 

28食分 200g 2,700円(税抜き)

 

スプーン1杯のパウダーと200mlのお湯を混ぜるだけで出来上がりのボーンブロススープです。

コラーゲンや、フィトケミカルだけでなく、チアシード、ブロッコリースプラウトなどのスーパーフードも配合されています。

葛湯のようにとろみがあるので、おなかにしっかりたまります。

飲むだけでなく、料理に使用するのもおすすめです。

 

 

・ナチュラル ヘルシースタンダード ブロススープ

 

出典:www.instagram.com

 

ベジタブル ブロススープ/ボーン ブロススープ 各6食入り

各1,200円(税抜き)

 

キューブタイプに肉や野菜のうまみがぎゅっと詰め込まれ、お湯を注ぐだけで出来上がります。

コラーゲンが摂取できうまみがぎゅっと詰まったボーンブロスと5種類の野菜を使用し野菜のエキスが詰まったベジブロスの2種類があります。

 

ベジブロスはしょうがも入っているので身体があたたまる効果もありますよ。

どちらも無添加で身体に優しいのもうれしいポイントです。

 

 

朝から体が温まるブロススープレシピをご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか。

今まで捨ててしまっていた部分で栄養満点のスープが作れるなんて驚きですよね。

健康志向の方が多いニューヨークではコーヒーをテイクアウトするように、ブロススープをテイクアウトし持ち歩くのが流行しているようです。

私たちも毎朝のコーヒーやドリンク代わりに栄養満点で美容によいブロススープを始めてみませんか。



関連記事

・一日一食、スムージーに変えるだけ!簡単置き換えダイエット☆

・ダイエット後リバウンド知らずの女性たちからの3つのアドバイス

・ダイエット中の方必見♡コンビニランチの簡単な選び方3選!