ダイエットや健康維持のため、何か運動したい!と思っているみなさま。 いざ張り切って始めて見たけど、長続きしないというみなさま。 仕事や家事がある平日は忙しいし、休日に道具を用意してジムに行くのもめんどくさい… それなら、家にある自転車を使って適度に締まったヘルシーボディを目指しませんか? お金もかからず気分さっぱり♪なお手軽サイクリングをご紹介します。

いつもの移動を自転車にチェンジ!ゆる〜いサイクリングのススメ


 

出典:www.instagram.com

 

毎日の移動は、何を使っていますか?

徒歩・バス・電車・車などの方が多いでしょうか?

 

毎日必ず行う通勤・通学の時間をゆる〜く健康時間に変えませんか?

寒さも和らぎ始めたこの季節からなら特に始めやすいのが、「サイクリング」です。

主に下半身の筋肉を刺激する自転車は、足の筋力が弱くむくみや冷え性に悩む女性にとってもオススメ。

ランニングやジムと違って朝早く起きたり着替える必要もないので、ダイエットや健康維持に必要な「毎日続ける」がとってもしやすいんです。

 

女性らしい丸みを残しつつ、引き締まった体を手にいれるにはサイクリングが最適なんです。

 

ゆる〜いサイクリングの効果をしっかり実感するには?


 

出典:www.instagram.com

 

ゆる〜いサイクリングで健康習慣を続けるなら、より効果の出る乗り方を知っておくと良いでしょう。

 

・ペダルを漕ぐ時は「かかと」を意識する

たるみが気になる方も多い、足の後ろ側。

ここは普段使われることも少ないため、筋肉が衰えがちなんです。

美しいヒップラインにもつながるので、ペダルを漕ぐ時は踵を使い、後ろの筋肉を意識しましょう。

 

・お腹に力を入れて腹筋を意識する

自転車を漕ぐだけで腹筋も鍛えられます。

腹筋を意識しながら姿勢良く座り、お腹の力を使って足を付け根から動かすことで下半身と同時にお腹周りもエクササイズすることができるんですよ♪

 

・呼吸は深く。吸う息と吐く息を一定の長さにする

ヨガなどでも着目されていますが、呼吸は健康維持・心の健康ともとっても関係があるもの。

ゆったりと一定の速度で呼吸すると、体を内側から温め血行を良くする効果も。

 

・やや空腹状態がオススメ

これはサイクリングに限ったことではないですが、運動はやや空腹状態で行った方が脂肪の燃焼効果が高まります。

 

・理想的なスパンは週3回/1回20分

有酸素運動に分類されるサイクリングは、開始10分頃から脂肪の燃焼が始まると言われています。

なので、20分以上乗ることで、効率よくダイエットに役立てると考えることができるのです。

 

慣れてしまえば無意識にでも出来るようになるくらい簡単なことだらけなので、ゆる〜いサイクリングを始める際にはぜひ意識してみてくださいね。

 

ゆる〜いサイクリングは「無理しない」「飛ばさない」


 

出典:www.instagram.com

 

ゆる〜いサイクリングを始めるにあたって、注意したいことが2つ。

「無理をしないこと」と「飛ばしすぎない」ことです。

 

息がきれるほどに漕いでしまったり、ギアを重くしてしまうことは、ヘルシー女子とは真逆の方向に行ってしまいます。

息が上がらない爽快なスピードを維持し、「ギアは軽く」自転車を漕ぐ回転数を多くすることが、このゆる〜いサイクリングのポイントです。

また、張り切って高い自転車を買う必要もなし!

ママチャリだってOKなのがこの健康の良いところなのです。

寒い季節、ちょっと遠い存在になっていた自転車を取り出して見ましょう!

 

 

いかがでしたか?

職場が近い方は、通勤を自転車にしてみる。

駅まで自転車に乗っていた方は、一つ先の駅まで自転車で行ってみる。

車の方は週3日、自転車に変えてみる。

それぞれのライフスタイルに合わせてアレンジができるゆる〜いサイクリング。

お金も用意も時間もいらないこの運動法で、ヘルシー女子への第一歩を踏み出して見ませんか?



関連記事

・今世紀最大!?の簡単ダイエット「指ヨガ」に注目!

・納豆やとろろを食事前に食べるだけ?ねばねばダイエット!

・効率良くダイエットするには!?ダイエット効果のあるサプリメント おすすめ3選♪