ハードな運動をしなくても「食事だけでダイエットをしたい!」と思う女性も多いはず。そんなあなたに「グルテンフリーダイエット」をご紹介します。海外ではすでに定番となりつつある「グルテンフリーダイエット」。小麦粉などに含まれる「グルテン」の摂取を控えるだけで痩せることができると話題です。グルテンフリーダイエットのやり方を詳しくご紹介していきましょう!

1.「グルテンフリーダイエット」とは?


Dolvalol/Shutterstock.com

「グルテン」の摂取を控えるだけで痩せられるという「グルテンフリーダイエット」。

「グルテン」は小麦や大麦・ライ麦などの穀物に含まれるタンパク質の一種です。

パンやうどんなど日本人の主食に含まれていることも多いため、無意識に摂取している人がたくさんいます。

水に溶けない性質を持ち、タンパク質を体内に残してしまうことで血糖値を上げています。

 

グルテンフリーダイエットを実践すれば、血糖値の上昇を防ぐことができるだけでなく、脂肪燃焼・痩せやすい身体作りをサポートすることができますよ♪

グルテンを意識した食生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

 

2.グルテンフリーダイエットに挑戦してみよう!


Lucie Peclova/Shutterstock.com

グルテンを摂取しない「グルテンフリーダイエット」に実際に挑戦してみましょう!

 

やり方は簡単!

グルテンを摂取しなければ良いだけです。

見た目だけでは判断できないものは、原材料を確認し、小麦粉・大麦・ライ麦などが含まれていない食材を選んでみてくださいね。

 

パンや麺類、ケーキなどは小麦を使う食品です。

しかし、グルテンフリーと記載された商品や米粉を使っている場合ならOK。パンもケーキも一切食べられないのではなく、原材料に注意すれば、摂取することが可能です。

 

日本人の主食であるご飯。ご飯にはグルテンは含まれていません。

「どれだけ食べても良いんだ!」と思う人も多いかもしれませんが、ご飯も血糖値が上がりやすい食材であることは確か。

効果的にダイエットを進めていきたいなら、少しだけ量を減らし、野菜中心の食生活にすることをおすすめします。

 

3.お酒・甘い物も食べられます♡


Viktor1/Shutterstock.com
 

お酒・甘い物を一切摂取しないダイエットを実践している人も多いことでしょう。

しかし、大好きなものを断つことはストレスにもつながります。

グルテンフリーダイエットなら、種類を選べばお酒も甘い物も食べることができるんです♪

 

赤ワインやスピリッツ類。

また、グルテンが入っていなければビールもOK。

ゼリーやアイスクリームなどの甘い物もグルテンフリーの食材になりますので、これまで通り摂取しても大丈夫ですよ♪

 

お酒・甘い物を食べながらダイエットを実践できるなんて、とっても嬉しいダイエット法ですよね♪

 

4.グルテンフリーダイエットの注意点


Golubovy/Shutterstock.com

グルテンフリーの食材であれば、どれだけ食べても大丈夫というわけではありません。

いくらグルテンフリーでもドカ食いしてしまえば、せっかくのダイエットも無駄になってしまいます。

適度な量を守ることは大切です。また、より効果的にダイエットを進めるためにも軽い運動を取り入れることもおすすめします。

 

 

お酒も甘い物も食べながらダイエットを実践できる「グルテンフリーダイエット」。

誰でも簡単に挑戦できる「グルテンフリーダイエット」で、ストレスのない減量に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

・甘いものでダイエット☆食べてもOKなスイーツは?♡

・美味しく無理なく美ボディゲット♡14日間のヨーグルトダイエットでキレイに痩せよう!

・習慣にしてしまえばリバウンド回避間違いなし!簡単にできるダイエット法