もうすぐクリスマスが近づいてきていますが、そんな1年の中でもビッグイベントであるクリスマスを迎える前にダイエットをしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。 とにかくクリスマスまでに痩せようと闇雲に取り組むと、思うような結果が得られなかったり、リバウンドしてしまったりと成功する人は少ない傾向にあります。 今回は、クリスマスまでに計画的なダイエットの方法や、注意点などをご紹介していきます。

まずは計画をたてよう


Syda Productions/Shutterstock.com

ダイエットをしようと思ったら即行動に移して取り組むけれど、続いても3日ということ結構ありますよね。

 

まず、ダイエット実行に移す前に、一旦そのやる気を落ち着かせて計画をたててみましょう。

ダイエット計画をたてる上で最初に決めた方が良いものは、目標の体重です。

目標の体重がすぐに思い浮かぶ場合にはその体重を一旦設定し、逆に、なんとなく痩せたいという場合には現在の自分の体重を把握し、BMI数値を出してみたり、体脂肪の数値などを出してみて目標体重を決めてみましょう。

 

目標体重が決まったら、本当にその体重を目標にしてよいのかを確認します。

健康的なダイエットでは、1か月間で減らしてよいのは現在の体重の5%までとされています。

目標の体重が5%以内であることを確認してから、その数字を設定しましょう。

 

運動か食事か?


Kutsenko Denis/Shutterstock.com

目標の体重が決まったら、その体重に向けて取り組めることを計画していきます。

脂肪1キロを減らすには、7200キロカロリーが必要だと一般的に言われています。

目標体重に向けてのカロリー消費を運動で行っていくのか、もしくは運動が苦手な場合には食事内容に気を付けていくかを考えてみます。

 

健康的にダイエットを行うのであれば、適度な運動、バランスの整った食事が1番理想ではありますが、日常生活で両方完璧にこなせることってなかなか生活をしていく上で難しいですよね。

そんな時は、両方取り入れることは前提として、運動メインでいくのか、食事バランスをメインでいくのかを決めます。

 

例えば、運動メインならジョギングや、水泳、ダンスなど高いカロリー消費しやすい運動を毎日少しずつでも取り入れ、間食をやめてみるなどです。

逆に食事メインの場合には、栄養が偏らないように注意しつつ摂取カロリーの計算を毎日行い食事管理の徹底、そしてウォーキングなどを少し行ってみるなどです。

 

そして、どちらも1日の終わりにはどれだけのカロリーを消費して、どれだけのカロリーを摂取したのかを毎日振り返ることでモチベーションの維持にもつながります。

 

リバウンドに気を付ける


carballo/Shutterstock.com

ダイエットが成功しても、リバウンドしてしまったら意味がなくなってしまいます。

 

リバウンドの原因として多いのは、食事です。

少し瘦せたからと言って、好きなものを好きなだけご褒美として食べてしまったらリバウンドというケースが特に多いと言えます。

 

クリスマスまでという目標を設定しているのであれば、クリスマスまでは我慢、クリスマスに美味しいものを食べたらよいのではないでしょうか。

 

もしクリスマス以降もダイエットを継続するのであれば、1か月に1回、好きなものを食べる日というのを設定することで、その特別な日に向けて人は頑張れます。

また、体もダイエット状態に慣れている分、好きなものを好きなだけ食べる日にダイエット状態でない普通の状態なんだと体が認識し、より痩せやすくなると言われています。

 

 

いかがでしたか?

ダイエットは継続していくことがとても大切なので、無理のない、できることを少しずつから始めてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

・糖質オフはもう古い!?時代はグルテンフリーダイエット!

・美味しく無理なく美ボディゲット♡14日間のヨーグルトダイエットでキレイに痩せよう!

・ダイエットに挫折する女子には特徴があった!?挫折する理由5つ