食欲の秋は美味しい誘惑がたくさん♡厚着になってゆく季節でもあり、ついついダイエットを後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか? そんな秋こそ、ぜひ試してほしいのがアロエダイエット♪一日のうち一食にアロエを取り入れるだけのとっても簡単なダイエット方法です! 健康効果が多数報告されているアロエには、ダイエット効果も満載。最新の研究で明らかになった、アロエの抗肥満効果をご紹介します♪

食欲の秋こそダイエットシーズン!


Dudarev Mikhail/Shutterstock.com

秋はぶどうやさつまいもなど、多くの食材が食べごろを迎える収穫の季節。

他の季節よりもおいしい食材が豊富で食欲が増すことから「食欲の秋」と呼ばれています。

実はそんな「食欲の秋」には、生物的にもしっかりとした根拠があるんですよ。

 

1つ目は「夏の暑さで疲れた体を回復させる」という理由。

2つ目は動物の冬眠のように「冬を越すためのエネルギーを蓄える」という理由です。

 

そして3つ目は意外な「日照時間が減る」という理由。

精神の安定化や食欲をコントロールする役割を担っている脳内神経伝達物質「セロトニン」は、太陽の光によって分泌が増加します。

そのため日照量・日照時間が徐々に減っていく秋にはセロトニンが不足しがちになり、お腹が減りやすくなったりセロトニンの分泌量を増やす食材を欲したりするのではないかと考えられています。

 

そんな理由からいつもよりも食欲が増してしまう秋冬ですが、実はダイエットに一番向いている季節とも言われています。

 

生命活動を維持するためのエネルギー「基礎代謝量」は、高ければ高いほど多くのエネルギーを消費する痩せやすい体になります。

基礎代謝量は季節によって変動し、寒い季節には体を温めようと基礎代謝が高くなることがわかっています。

そのため、寒くなりはじめる秋からダイエットを始めることで、ダイエットの効果が出やすいと考えられているのです。

 

アロエには抗肥満効果が


Songdech Kothmongkol/Shutterstock.com

秋から始めるダイエットにぴったりの食材がアロエ。

アロエには「アロエステロール」という植物ステロールが豊富に含まれています。

 

アロエステロールには脂質代謝や糖代謝を制御する役割を持つ受容体と結びついて活性化する作用があり、脂肪燃焼を促進し血糖値の上昇を抑えてくれます。

また、消化器官に働きかけて食後の血中脂質上昇を抑えてくれる効果も判明しています。

 

また、アロエは100gで3kcalと非常に低カロリー。

食物繊維を豊富に含み、便通の改善にも効果的です。

食物繊維を多く含む食材を最初に食べると繊維が胃にたまり、糖質や脂質の分解や吸収を遅らせて、血糖値が急激に上昇するのを防いでくれるんですよ。

 

噛みごたえがあるので満腹感もあり、むくみ防止に役立つカリウムや、日本人が不足しがちな葉酸・カルシウムなどの栄養素も含まれています。まさにダイエットにうってつけの食材ですね♪

 

1日1食、アロエを取り入れてみよう!


高いダイエット効果が期待できるアロエを継続して摂取するために、1日1食アロエを取り入れるのがおすすめ。

 

実際に1日1アロエ生活の検証を一週間行ったところ、体重は平均0.42kg、体脂肪は平均0.27%、ウエストは平均1.25㎝減少したと報告されています。

 

1日1アロエ生活でも特に効果的なのが、朝食にアロエを取り入れる方法です。

朝食をしっかり食べることは、体温を上昇させ腸を刺激し排便を促すことができるので、ダイエットにも効果的。

朝は食欲がないという方も、アロエ入りヨーグルトやアロエジュースなどのメニューならさっぱりと喉ごしよく摂取することができますよ。

 

アロエに合わせるおすすめの食材は、乳酸菌がたっぷり含まれたヨーグルトやオリゴ糖を多く含むバナナ、豆乳などです。

これらの食材でジュースを作って飲むだけで、腸内環境が整ってスムーズな排便に役立ちますよ。

アロエは他にもドレッシングやシロップ漬け、お刺身など様々な食べ方ができます。

お気に入りのレシピを見つけてみてくださいね♡

 

 

1日1食アロエを食べるだけの簡単ダイエットで、厚着の季節も着ぶくれ知らずのスリムなボディを手に入れちゃいましょう♪

 

 

<情報提供>

森永乳業アロエのチカラPR事務局

 

関連記事

・綺麗な人は始めてる!?タンパク質ダイエットが知りたい♡

・食べて痩せたい!発酵食品で腸を整えて身体の中からキレイに♡

・仕事の習慣で太っちゃう!?気を付けたいこと4つ!