現代人は忙しい、なんて最近よくいいますよね。運動しないといけないのはわかっていても、仕事で疲れた帰りにジムに寄ってから帰る、なんて簡単にできることじゃないですよね。今日はそんな忙しい方にもできる、通勤時の“ながらエクササイズ”を紹介します!

電車の中で立った状態でするエクササイズ

 

 

朝の出勤ラッシュって、とても混雑していますよね。

そんな満員電車の中でもできる、“ながらエクササイズ”を紹介!

 

・ドローイン

①    まずは姿勢を整える

②    お腹に意識をもっていき、少しずつ息を吐く(お腹へこませる)

③    このお腹をキープしたまま、深く呼吸する

 

 ・かかとの上下運動

①    まずは姿勢を整え、足をそろえる

②    その姿勢をくずさないよう、お腹などに意識を向けながらゆっくりかかとをあげる

③    そのままゆっくりと静かにかかとをさげる (バランスをくずしてしまう恐れがあるので、必ずつり革や手すりにつかまって行いましょう。)

 

あげさげしている動きが周りにバレそうで恥ずかしかったら、かかとをあげたままキープしてみましょう!

 

電車の中で座った状態でするエクササイズ

 

 

・内ももプルプルエクササイズ

①    背もたれに寄りかからずに浅く座り、膝と膝をくっつけて座る これだけ!!

 

余裕がある人は、両膝を内側にぎゅっと寄せて力を入れてみましょう。

とっても簡単だけど、実はかなりきつい。

 

・足あげエクササイズ

①    背もたれに寄りかからずに浅く座り、姿勢を整える

②    両膝をくっつけて座り、その姿勢のまま両足をわずかに浮かせる。 (上半身を後ろにさげないように注意しましょう。)

 

 ・お尻引き締めエクササイズ

①    姿勢を正して座る

②    そのままお尻にきゅっと力を入れる

③    5秒ぎゅっとしたら力を抜く

④    ②と③を繰り返す たったこれだけ!

 

いっぱいやると疲れちゃう人は1駅だけ!と決めておこなってみましょう。

 

おまけ運動法

 

 

ここまで、電車の中でおこなう運動を紹介してきましたが、最後に、それ以外のところで運動をするおまけエクササイズを紹介します。 

 

・姿勢よく歩く

①    ドローイン

②    頭の先を空に引っ張られているイメージで姿勢をのばす

③    お尻をぎゅっと締める あとはこのまま歩くだけ!

 

お尻を締めて歩くと、それだけで内ももなどにも刺激がきます。

がに股にならないように、モデルになった気分で歩いてみましょう。

 

・1駅分歩く

忙しい人には、この時間さえ惜しいかもしれませんが、たとえばいつもより少し早く終わったり、仕事でいいことがあって気分がよかったり、そんな日だけでも一駅早く降りて歩いて帰ってみましょう。

 

なにか新しい発見があるかもしれませんよ! 

 

・エスカレーターではなく、階段を使う

これはメジャーな方法ですね。

エスカレーターを使う人が多く、エスカレーターが混雑しやすくなっています。

エスカレーターが行列で階段がらがら、という状況、よく駅で見かけますよね。

 

階段を使えば運動にもなり、混雑も避けられるため時間の節約になって一石二鳥です!

 

 

いかがでしたでしょうか。

忙しい皆さんの24時間の中から、時間を見つけて運動に取り組む方法を紹介させていただきました。

 

やるかやらないかはあなた次第です。

運動量としてはわずかなものになるので、一日二日で変化が出るものではありません。

 

地道に毎日続けていきましょう。

 

関連記事

・1分たりとも無駄にしない!通勤しながらできるエクササイズ5選

・1分たりとも無駄にしない!通勤しながらできるエクササイズ5選

・1分たりとも無駄にしない!通勤しながらできるエクササイズ5選