ダイエットと言えば、ハードな運動・無理な食事制限が一般的。無理なダイエットを続けるほど、空腹などでストレスがかかり、リバウンドを繰り返してしまいます。「FNSダイエット」は、そんな悪循環とは無縁の新常識ダイエット!満腹なのに痩せられる「FNSダイエット」についてご紹介致しましょう!

 1.「FNSダイエット」とは?

 

 

「FNS」は「Full Not Satisfied」の略。「満足するのではなく満腹になる」という意味を持ちます。

 

食欲を満たすのではなく、空腹を満たすことに意識を置くことが「FNSダイエット」のコツです。「お腹が空いても我慢する」というダイエットの一般例を覆し、食欲を満たす食べ方ではなく、空腹を満たす食べ方を基本とします。

 

食べたいものを食べるのが「食欲を満たす食べ方」ですが、お腹いっぱいになるまで食べたいものを食べ続ければ、どんどん太っていってしまいますよね。「空腹を満たす食べ方」とは、少しの量でも満腹になる食材を選び、空腹をなくす食べ方をすること。

 

低カロリーで、お腹いっぱいになれる食材を取り入れれば1日の摂取カロリーも大幅にカットすることができますよ♪

 

2.FNSダイエットを成功に導く意識の持ち方

 

 

「FNSダイエット」の成功の秘訣は「意識の持ち方」です。

「お腹がいっぱいになれば何を食べても良い」という考え方では、ダイエットを成功させることはできません。

 

「低カロリーでお腹いっぱいになれる食材を選ぶ」という意識を基本とするだけで、FNSダイエットを成功させることができるはずです。

 

例えば、お腹の中で膨張し、満腹感を得ることのできる食物繊維を積極的に摂取する。低カロリーでも筋肉や栄養素になるタンパク質を取り入れる。同じカロリーでも低糖・低脂質で栄養素の豊富な食材を選ぶ。

 

こういった意識付けをするだけで、低カロリーなのに栄養素豊富、満腹感も得られる食事を続けていくことができます。

 

どうしてもデザートが食べたくなったときも、ケーキやアイスクリームにするのではなく、フルーツやゼリーなど低カロリーの方を選び、食欲よりも空腹を満たす食べ方を徹底していきましょう!

 

3.FNSダイエットにおすすめ!積極的に取り入れたい食材

 

 

低カロリーでお腹もいっぱいになる栄養素豊富な食材を具体的にご紹介!

 

まずはお腹の中で膨らむ食物繊維を積極的に摂取します。食物繊維はゴボウや人参などの根菜類に含まれる「不溶性食物繊維」と、きのこや海藻類などの「水溶性食物繊維」をバランス良く取り入れていきましょう。

 

また鶏肉・魚・豆腐などの大豆食品には良質なタンパク質がいっぱいです。低カロリーで満腹感も得られますので、これらの食材もしっかり摂取してくださいね!

 

 

空腹を満たす食べ方のできる「FNSダイエット」をすれば、ダイエット中にお腹が空く心配もありません。満腹なのに痩せられる健康的なダイエットにあなたもチャレンジしてみてくださいね♪

 

関連記事

・これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?

・これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?

・これぞ新常識☆満腹感を感じながら賢く痩せるFNSダイエットとは?