みなさんは、「ライスミルク」をご存知でしょうか?徐々に人気が高まっていたライスミルクは、知る人ぞしるミルクでした。しかし、最近になって様々なメディアに取り上げられるようになったので、多くの人たちがライスミルクを愛用するようになってきています。ライスミルクを知らない人のためにも、今回はライスミルクについてお話させていただきたいと思います。

ライスミルクとは?
ライスミルクはお米からできている植物性のミルクです。第3の植物性ミルクとも呼ばれており、主な原料は玄米となっています。牛乳や豆乳の場合、苦手な人が多かったりしますよね?しかし、ライスミルクの場合はあっさりとした飲み口で、後味もお米の甘みをほんのり感じられるということで健康志向の高い人から注目を集めてきているというわけです。

牛乳を飲むよりも、ライスミルク?
ライスミルクの栄養面はとてもいいものとなっています。食物性のため低カロリーですし、低脂肪ですから、ダイエットにも効果がありますね。また、食物繊維も多く含んでいますから、健康面や美容面でも高い効果を期待することができるでしょう。ただし、原料は玄米ですから炭水化物はやや多めだという点が少し気になるところかも・・・。まあ、お米よりは少ないですけどね。

ライスミルクって、なぜ魅力なの?
玄米は健康や美容にいいと言いましたが、その詳細を少しご紹介します。

【完全栄養食】
ビタミンB1、ビタミンE、ミネラル、カリウム、タンパク質、食物繊維など、玄米は健康を保つために必要な栄養素が詰まった唯一の食品ですから、この玄米を原料としているライスミルクは健康にいいということは言わずとわかるものですね。

【美容効果】
コラーゲンの元はタンパク質です。玄米はコラーゲンが豊富ですので、玄米を摂取することでお肌がもっちもちになります。また、カリウムも含まれていますから、余分な水分がたまらずにむくみも解消されるでしょう。

【デトックス効果】
デトックス効果が期待できますから、体内の毒素を排出してくれます。食物繊維も豊富ですから、便秘も解消されて腸内環境を整えることもできるでしょう。

【アレルギー体質の人もライスミルクならOK】
ライスミルクは、アレルギー体質の人でも飲むことができます。乳製品にアレルギーがある人は牛乳も飲めません。また大豆アレルギーがある人は豆乳を飲むことができません。しかし、ライスミルクの場合は、安心して飲むことができるのです。お米アレルギーを持っている人は、残念ながらライスミルクを飲むことはできませんが、お米アレルギーの人はとても少ないですから、ほとんどの人が飲むことができると言えるのではないでしょうか。

【ライスミルクを作る】
ライスミルクは自分で作ることができますので、作り方をご紹介します。お米から作りますから、白米や玄米からでも作ることができます。しかし、米粉や玄米粉を利用して作る方が手軽なので、これらを利用するようにしてみてください。

<材料>
米粉 20g
水 2カップ

<作り方>
水と米粉または玄米粉を良く混ぜましょう。この状態で飲んでもいいのですが、保存したいのであれば、ヘラでかき混ぜながら1分程度煮立てるようにしてください。シナモンやハチミツなどを加えると甘みが出ておいしいです。

【ライスミルクのその他のレシピ】
ライスミルクはそのまま飲んでもおいしいです。冷えたときにホットで飲んでも温まりますし、アイスで飲んでもいいですね。小鍋で温めるととろみが出てきますので、スープとして飲むこともできますその他には、コーヒーに入れてみたり、きな粉を入れて楽しんでみてくださいね。

さいごに
以前はライスミルクの認知度はあまり高くありませんでした、アメリカ発祥のライスミルクですので、アメリカから輸入したりする人は手に入れることができていたかと思いますが、最近では国内の認知度も高まってきましたので、スーパーやコンビニなどでも手に入れることができはじめてきています。いろいろなメーカーからライスミルクが出ていますので、いろんなライスミルクを飲んでみて、自分の好みに合ったものを探していくようにするといいのではないでしょうか。
自分の近くのスーパーやコンビニなどにライスミルクが売っていないということであれば、やはりネットを活用するといいでしょう。楽天などでも販売されていますので、通販を利用している人も多いようです。牛乳も好きだし豆乳も好きだけど、他の味を試してみたいということであれば、ぜひライスミルクを試してみてください。美容と健康になぜ効果があるのかを実感することができるはずです。

55d07b33359163633a3ef5b1592ccbc3
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)