これがお肌に良いとか、あれがシミやシワに効くなど、たくさんの化粧品ブランドの宣伝文句に躍らされて、高い化粧品もライン買いする人も多いと思います。ですが表面ばかりに気を遣って行ってもお肌の老化は内側からもむしばまれてきます。
お肌のターンオーバーが乱れる原因は、女性ホルモンに大きく関わっており、ホルモンバランスが乱れることで生理不順やお肌トラブル等を引き起こしてしまうのです。

年齢を重ねていくにつれ、それら以外に更年期障害、乳がん、骨粗しょう症などの症状も引き起こしてしまいます。それほど女性にとってホルモンバランスの乱れは、体に大きな変化を与えるのです。値段が高い化粧品を購入するよりも、これからの時代内からの美を追求していくべきだと思います。
その方法に一番効果的だと言われているのが、豆乳です!今回は豆乳による美肌維持を目的とした、お話をご紹介していきたいと思います。



◆女性ホルモンの働きと効果とは?
女性ホルモンは大きく分けて2種類あります。1つはエストロゲン卵胞ホルモン、そしてもう一つはプロゲステロン黄体ホルモンの2つからなっています。若い頃はバランスよく保たれているのですが、年齢とともにこの2つのホルモンのバランスがずれてくるのが原因で、ホルモンバランスの乱れが生じてくるのです。プロゲステロンの低下により、更年期障害が引き起こされたりします。

そしてもう一つのホルモンエストロゲンが低下することで、お肌トラブルや生理不順などが引き起こされるのです。ですからこの、プロゲステロンとエストロゲンのバランスが正常に働かないと、女性の体には様々な変化が現れてしまうのです。



女性ホルモンの一つエストロゲンを増やす方法は豆乳だ!
エストロゲンを増やす方法として、1番効果的なのが皆さんもご存知の、豆乳で補えると言うことです。豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンが作用がありホルモンバランスが乱れる時に豆乳を飲んだらいいという理由がそこにあります。
豆乳を飲むことで破棄される効果は、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促したり、角質の水分量を増やしてくれたり、豆乳に含まれる豊富なビタミンのおかげで美容効果が期待できるのです。

豆乳の効果は、お肌だけに限らず髪の乾燥や、パサつきを抑え潤いを与えてくれます。皮脂の酸化防止もサポートしてくれるので頭皮にも潤いを与えてくれるのです。



◆お肌や髪以外にも、豆乳には素晴らしい効果が!
その他にも豆乳には基礎代謝低下を防ぐ効果もあり、ダイエットの大敵でもある便秘を改善する作用もあるので、これからの季節痩せたいとがんばる女子には大きな味方となってくれます。
豆乳に含まれる大豆タンパクは、食べ過ぎなども防いでくれるのでホルモンバランスを整え、痩せやすい身体をキープしてくれるのです。ダイエットの強い味方でもある豆乳なのです!これは女子にとって嬉しいお話ですよね。



◆豆乳が苦手だと言う人のためのオススメ豆乳レシピ
これからの季節冷たい飲み物ばかり飲んでしまうので、寒い冬の季節よりも体を冷やす恐れがあります。ですので、暖かくなってきた季節ほど温かい飲み物を飲むようにしてください。
そこでオススメなのが、豆乳ココアです。豆乳はイソフラボンも含まれているので、美容に良いのは確かですが、その他にもダイエット効果も期待できる後期の飲料です。そしてその豆乳に、ぴったりなのがココアです。

冷え性の体には、実はココアが最適で、ココアは芯から体を温めてくれるのです。その他にも、グラノーラなど栄養補助食品と一緒に豆乳を使うのもオススメです。無調整豆乳が苦手の方なら、調整豆乳から体に慣らしていけばいいし、無調整豆乳で、きな粉や黒蜜などと一緒に飲むことで、甘さも実感できるのでダイエットにもお勧めですよね。



女子にとって、冷え性やホルモンバランスの乱れは、様々な要因に繋がってしまうのです。ですが、ホルモンバランスの乱れは中々正しくする事は難しくて、年齢と共に乱れていってしまうので、改善というのはとても難しいことです。
お肌は年齢と共に老化していってしまいます。老化を止める事はとても難しい事ですが、スピードを遅らせる事、そして自分の最高な状態をキープできるようになれれば最高ですよね。

私達の日々の生活に豆乳を加えるだけで、ホルモンバランスの問題も解決できるのです。豆乳が苦手だと言う女子も多いですが、美容の為ならおいしく感じるようになってくるのです。これからの美容方法は、何万円もする高いスキンケア商品を購入するよりも、毎日の豆乳摂取が美容への近道なのです。豆乳の取り過ぎは、反対に体に悪影響を及ぼすというお話もありますが、それほどまでに過剰摂取せずとも、効果は実感できるようになるので、自分に合った量を考えながら飲んでみるといいと思います。

soybean[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)