女性が夏に積極的に摂りたい栄養素といえば“ビタミンC”。美肌・美白に効果があるだけでなく、免疫力UPや風邪の予防など、冷房や暑さに弱い女性にとって、毎日欠かさず摂りたい栄養素のひとつ。とくに夏の暑さや紫外線は、体内の活性酸素を増やし、他の季節よりも体内のビタミンCを多く消費します。
でも暑〜い夏って、食欲も落ちてしまい、栄養満点のものを食べる元気もないですよね。でもどうでしょうか? 夏にぴったりの刺激的な酸味を持ったフルーツで、しかもビタミンCの含有量が世界No.1であったら……。ちょっと食べたくなってしまいますよね♪

【カムカムとは】

ペルー共和国のアマゾン川流域の熱帯雨林に産している、フトモモ科の常緑低木です。果実は、プラムのような鮮やかな赤色をしており、10〜30mmの丸い形をしています。

【カムカムの由来】

カムカムという可愛らしい名前ですが、その由来もとてもユニークです。完熟した実が風に吹かれてアマゾン川に落ちると、それを狙っていた魚たちが群がって実を食べます。食べ終わり、種子を吐き出すときに、魚の歯と種子の当たる音がカカカカ、と聞こえ、それがやがて「カムカム」と呼ばれるようになったと言われています。

【カムカムの栄養成分】

◆ビタミンCの含有量はNo.1

カムカムに含まれる天然ビタミンCは、レモンの約60倍、アセロラの約2倍もあります。これは、現在地球上で知られる植物のなかでNo.1の含有量を誇っています。ビタミンCといえば、美肌・美白に欠かせない栄養素。また毛穴の開きを軽減したり、吹き出物を予防したりという嬉しい効果もいっぱいです。さらにカムカムには、シミやそばかすの原因となるメラニンを抑制するエラグ酸という成分も含まれています。これから日差しが強くなる夏に、心強い栄養素です。

◆ポリフェノールの含有量もトップクラス

抗酸化作用のポリフェノールも豊富に含んでいます。その保有量は、“スーパーフード”として女性から絶大な支持を集めるアサイーの約3倍、赤ワインの約10倍も含まれています。老化の原因となる物質を退治し、いつまでも若々しくいるために必須のポリフェノール。眼精疲労にも効くので、パソコンやスマートフォンで疲れた目にも効果的です。

【カムカムの味】

やはりビタミンCを豊富に保有しているため、独特の酸味があるのが特徴です。香りはプラムのような甘酸っぱい香りで、現地の女性たちは完熟したカムカムを美味しそうに食べるそうです。

【カムカムは輸入禁止……】

残念ながらペルー政府の保護政策から、カムカムの果実自体は輸入することができません。そのため日本で入手できるのは、種子と果皮を取り除いた生果汁、もしくは果汁をパウダーに加工したものです。

◆果汁100%ジュース

そのまま飲んだり、ミネラルウォーターや炭酸で割ったり、カクテルにしたり、紅茶に入れたり、はたまたドレッシングや餃子のタレに使用したりと用途はさまざまです。お気に入りの使い方を見つけてみてください♪

◆カムカムパウダー

ヨーグルトやスムージー、シリアルに混ぜるのが人気の使い方。その他には、ホットケーキやクッキーなどにも使用できます。熱に弱いとされるビタミンCですが、カムカムの保有するビタミンCは非常に熱に強く、ホットケーキなどに使用してもしっかりとビタミンCを摂取することができます。

そのまま飲んだり、スムージーに使用したりできる他に、カルパッチョなどの料理にも使用できるカムカム。とくに果汁100%ジュースと醤油で作った焼肉のタレは、さっぱりとして美味しいと評判のようです。「この料理にはあうかな〜」など楽しみながら、豊富なビタミンCやポリフェノールを摂取できるなんて、女子には嬉しいかぎり。今度のお泊まり女子会では、カムカムを使った料理を披露してみるのはいかがでしょうか♪

天然ビタミンCでエイジングケア!!

dscf6517

















(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)