kate spadeの新作財布のモチーフにもなり、話題となったフラミンゴ。そのフラミンゴが持つピンク色の羽……なぜあの美しい色になったかご存知ですか?それは、食べているものが大きく影響しているといわれています。フラミンゴが食べているもの、それは飛来するアフリカの湖に生息している“スピルリナ”と呼ばれる藻です。このスピルリナに含まれる栄養が、フラミンゴの体内で特別に変換され、美しいピンク色の羽に染まると言われています。そんな神秘的な食べ物スピルリナには、人間にとっても美しく健康になれる栄養素がたっぷり含まれています。

【スピルリナとは】

スピルリナ(Spirulina)は、約30億年前に地球上に最初に出現した植物といわれ、湖の水中で育つ、らせん状をした藻です。スピルリナという名前は、形が「らせん」であることから、ラテン語の“ねじれ”を意味する“Spira”に由来しています。

【スピルリナは動物&植物!?】

スピルリナは、植物と動物にわかれる以前に誕生し、動・植物両方の特徴をあわせ持つ非常に珍しい生物です。また、誕生からこれまで進化せずに年月を生き延びてきた、非常に強い生命力の持ち主でもあります。

【すでに健康先進国では、当たり前】

その強い生命力とともに、50種以上の健康・美容に役立つ成分が豊富に含まれており、その栄養価の高さから、「スーパー野菜」と呼ばれています。米国など、健康を重要視する国では、知らない人はいないと言われ、シリアル、エナジーバー、ドレッシングなどに「スピルリナ入り」と表示された様々な健康食品が販売されています。

【国連やNASAも注目の“未来の食料”“】

国連はやがてくる人口増加に対する食糧難の対策として、「スピルリナが優れた未来食になる」と発表しました。また、米国NASAでは、宇宙の密閉空間で長期間にわたり宇宙飛行士が生活できるシステムとして、スピルリナを利用した研究を行っています。

【スピルリナの驚くべき栄養】

スピルリナには、ビタミン・ミネラル、タンパク質、アミノ酸、食物繊維、不飽和脂肪酸など50種類以上の栄養が含まれています。特にタンパク質の含有量が非常に高く、大豆や肉類といった食品よりもはるかに高い数値を持っています。さらに体内では作ることができない必須アミノ酸9種類をすべて含んでいるため、理想的なたんぱく源であるともいえます。またスピルリナは、消化吸収率がよく、これらの栄養素が体内にスムーズに吸収されるのも特徴です。

【スピルリナの美容効果】

■肥満予防
豊富な食物繊維が腸内活動を活発にすることで、体内の不要な毒素を排除します。そして豊富なタンパク源によって筋肉を付きやすい体にし、必須アミノ酸で脂肪燃焼に効果的な酵素の働きを活性化します。それにより基礎代謝が上がり、太りにくく痩せやすい体に近づけます。

■アンチエイジング&美肌
β-カロテン、葉緑素、ビタミンC、ビタミンEには抗酸化力があり、人間を老化させる活性酸素に対抗する働きがあります。またこれらの栄養素には、肌や髪、爪といった女性を魅力的に見せる部分を健康に保つという効果もあります。

■貧血予防
葉緑素といわれる成分は、別名:緑の血液とも呼ばれ、血液の原料となります。また、レバーなどに多く含まれ、赤血球や核酸の働きに関係するビタミンB12も豊富に含んでいます。これらの働きによって、女性が陥りやすい貧血を予防する効果があります。

【スピルリナの摂取方法】

欧米諸国に比べてまだスピルリナが浸透していない日本では、スピルリナ入りのドレッシングなどはまだ販売されておらず、摂取方法としてはサプリやパウダー状のものが一般的です。お手軽に摂取できるのはサプリですが、味を楽しめるのはパウダー状のものです。海苔と抹茶をあわせたような味わいなので、日本人には馴染みやすく、料理の隠し味にも使いやすいと言われています。

栄養効果抜群のスピルリナ。食品ではなかなか摂取することのできない50種類もの吸収率の高い栄養が、細胞に働きかけます。仕事が遅くてついつい偏食がちになってしまったとき、疲労回復や二日酔いの防止、生活習慣病を予防する効果もあるので、日頃がんばるお父さんへの贈り物にもオススメです。



22e8161e6f212a0cfcb7ab86ccf188e8_s



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)