現在、世界中で注目を集めているのが “スーパーフルーツ”と呼ばれる、一般的なフルーツよりも多くの栄養素を含んだフルーツたち。
アサイーやピタヤ、マキベリーなどがこれに当たります。スーパーフルーツの多くは、日本では入手しづらく、できても高価だったり、となかなか日常生活に生果実として取り入れることが難しいのが現状。

でも毎朝栄養満点なスーパーフルーツを食べたいですよね。
実は……灯台下暗し。わたしたちの周りにも(どこのスーパーでも八百屋さんでも手軽に手に入る)スーパーフルーツがあります!

そう。そのフルーツとは老若男女問わずに大好きな……キウイフルーツ

【キウイフルーツとは】

マタタビ科マタタビ属の果実。ビタミンCがたっぷり含まれており、爽やかな酸味と甘味があるのが特徴です。
国内で流通しているものの多くは、果肉が緑色のグリーンキウイと、果肉が黄色のゴールドキウイです。
低カロリーで栄養バランスも抜群のキウイフルーツは、朝食にも、おやつにも、夕食後のデザートにも、ダイエット中にも、いつでも食べられる一品!

【キウイフルーツの栄養】

◆ビタミンC

キウイフルーツ1個で1日分のビタミンCが摂取できるといわれるほど、豊富に含まれています。
コラーゲンの生成を助けたり、強い抗酸化力でシミやシワの原因となるメラニンを抑制したり、免疫力をアップしたりと美容面でも健康面でも欠かせない栄養素。
ただしビタミンCは、1回に摂取できる量は決められているので、1個のキウイフルーツを朝食・夕食後にわけて食べる、など小分けにして摂取する方法が効率よくビタミンCを吸収できるのでオススメです。

◆ビタミンE

別名:若返りのビタミンとも呼ばれているビタミンEも含まれています。老化の原因となる活性酸素から細胞を守り、アンチエイジングに役立ちます。
またホルモンバランスを整えたり、血行改善により肩こりや冷え性を予防したりする効果があります。過度な冷房により、肌が乾燥したり、肩こりがひどくなる夏にぜひ摂りたい栄養素ですね。

◆食物繊維

キウイフルーツに含まれている食物繊維の量は、かぼちゃなどに匹敵し、生の果実の中ではNo.1の含有量ともいわれています。体にとっての毒を排出することで、デトックスやダイエット効果もあります。
また近年では、ダイオキシンを吸着して体外へ排出する働きがあることもわかっています。女性が不足しがちな食物繊維も豊富に含まれているなんて、さらに魅力的♪

【キウイフルーツのちょっと面白い味わい方】

爽やかな甘酸っぱさが虜になるキウイフルーツ。
そのまま食べても、ヨーグルトにかけても、他のフルーツと組み合わせてスムージーにしても美味しく食べられますが、実は日常の料理に組み合わせることもできます。
ハンバーガーの中にピクルス代わりに入れたり、魚介類とアボガドとサラダにしたり、サーモンと一緒に生春巻きにしたり、肉料理のソースにしたり、と意外だけど美味しいキウイフルーツ料理。
ちょっとしたパーティーのときに振舞えば、オシャレ感もさらにアップすること間違いなし!

【キウイフルーツが固かったら……】

指で易しく押して、柔らかさを感じれば食べごろのキウイフルーツ。固い未熟なものは、20度前後の常温で追熟させる必要があります。
その際にポリ袋に、バナナやリンゴを一緒に入れておくと、エチレンガスの効果によって早く熟します。熟したキウイフルーツは冷蔵庫で3〜4時間冷やすと、より美味しく食べられます。

美容・健康にも良いとされる“スーパーフルーツ”。
毎日の生活に取り入れづらいという難点がありましたが、街のスーパーでも商店街でも手軽に入手できるキウイフルーツなら、いつでも何個でも、食べることができます。
スーパーフルーツ“キウイフルーツ”でたくさんの栄養を摂取して、内側からキラキラと輝いていきましょう♪




01dc206aea2d0ec9851cbe209fa75a22_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)