あなたが毎日口にするモノ、それがあなたの体を創ります。最近は、「お腹がすいたな」と思えば、コンビニやスーパーに沢山のお惣菜やインスタント食品がありますし、ファーストフード店もそこら中に有ります。喉がかわいたな、と思えば自動販売機も少し歩けばすぐにみつかります。


しかし便利なモノは、大抵たくさんの化学調味料やお薬が使われていることをお忘れなく。その毒はあなたのカラダにたまり、害を及ぼします。

私も昔は何も考えず、体に悪い毒々しモノばかり食べていました。つねにタバコは2箱持ち歩くくらい、結構なヘビースモーカーでしたしね。今では考えられませんが、珈琲とチョコとタバコとお酒があればいい。と、だいたい思っていました。家にいる時、自分で食べるのは珈琲とパンくらい、あとはだいたいコンビニ食か外食。今思うと、なんて不健康な生活・・。でも当時はそれが普通だと思っていました。


しかし、あるきっかけで一度体を壊してから、体が毒全般を受け付けなくなり、許容できないものが多くなりました。もちろんタバコも、それきり一本も吸えなくなりましたし、お酒も全然飲めなくなりました。添加物の多いインスタント食品や、コンビニの食べ物が食べられなくなり、自動販売機のジュースが飲めなくなりました。

自分でも、その変化には大変驚きました。あまりの変化に動揺し、最初は何を食べていいのかまるで分からず、新しい自分の体質を受け入れるのはかなり時間がかかりました。

でも、無理して添加物の多いモノを食べると必ず具合が悪くなるので、だんだん自然に悪い食べ物から離れていき、自分の食べられるモノ、食べられないモノがわかるようになって来ました。


まず、一番好きになったのは新鮮な果物と、野菜です。もう、まったくの別人・・。

中でも最高なのは「りんご」でした。林檎を食べるとなんでこんなにスッキリするのか、最初は不思議で仕方ありませんでした。リンゴジュースですらものすごく効果がありました。とりあえず、わたしは薬代わりに、少し何か変なモノを食べたり、具合が悪くなったりすると林檎を食べてカラダを治しました。


しばらくそれを続け、やっぱりリンゴの効果は絶大であると私の中で確信した頃、ネットで「りんご」について調べると色々なことが分かってきました。

An apple a day keeps the doctor away.
( 一日一個のリンゴは医者を遠ざける)

りんごは、西部アジアおよび東部ヨーロッパ原産のバラ科の果物です。
リンゴは解毒・浄化作用が強いと色々なところに書いてあり、納得しました。

薬効:疲労回復、下痢、便秘、高血圧、動脈硬化、頭痛、口臭防止、二日酔い、美肌、ねんざ等にも効くと言われています。アサヒビールと日本体育大学大学院の中島寛之教授らの共同研究で、リンゴから抽出されるリンゴポリフェノールに、筋力を増し、内臓脂肪を減らす働きもあることが明らかになりました。

疲労回復・食欲増進・・・酸味
リンゴ酸・有機酸を多く含み、血液浄化・腸内殺菌作用

子供からお年寄りまでおすすめ・・・健全な体質作り
添加物食品の氾濫でアトピ-などアレルギ-体質が増加しています。りんごは健全な体質作りに欠かせない果物です。離乳食、病人、老人にはすりおろして、幼児にはスティック状にして与えましょう。

整腸作用・コレステロ-ル抑制・・・繊維・ペクチン
リンゴの中でも特に紅玉は他のリンゴにない多くの繊維質を含んでいます。その成分ペクチンは下痢、便秘、腹痛などに効く整腸作用と、コレステロ-ル抑制、大腸ガンの抑制効果も認められています。

食前に食べるのは金の卵・・・スリムになろう
食前30分前に食べる。満腹感があり、ご飯の食べる量が少なくなります。リンゴ一個はご飯半杯のカロリ-があります。

現代人に不足・・・有効な栄養素ミネラルの宝庫
有機酸、繊維質のほか、鉄、カリウム、亜鉛、ビタミンC等を多く含んでいます。

鉄・・貧血改善
カリウム・・塩分(ナトリウム)を体外 に排出塩分はインスタント食品に多く、高血圧、心臓病の原因となります
亜鉛・・脱毛症、爪の異常の改善
 ビタミンC・・切っても煮ても壊れない特性を持っています。

紅玉は料理の達人・・・万能の素材
ジュ-ス、ジャム、パイ、クッキー、焼きリンゴ、漬け物、サラダ等色々あなたのアイデア次第。

どうですか?リンゴの効果に驚きませんか?一時期、「りんごダイエット」なんてのも流行っていたことがありましたよね。要するにアレも、リンゴで体内に溜まった毒を一掃し、解毒と浄化を伴わせるものだと思っています。

カラダに毒が溜まっていそうなあなた、1日一個のリンゴでもかまいません、身も心も軽くなりますよ。そろそろデトックス、してみませんか?





林檎
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)