元々女性は冷えやすくむくみやすいですが、これからの寒い季節「冷えとむくみ」は本当に悩みの種となってきますね。色々と対策を講じてみるもののどれも今一つだったりしませんか。「冷えとむくみ」を放っておくとやはりよくありません。代謝も悪く、痩せにくい身体にもなりますし、病気を招く原因にもなりかねません。今年こそは「冷えとむくみ」対策をしっかりとしてポカポカボディになりましょう。


「冷え症」とは

人間はもともと体温が大きく変動する動物ではなく、気温が変化しても一定の体温に保とうとする「恒温動物」です。私たちのからだは、血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を一定に保つよう調節されています。皮膚から寒さを感じることにより、体温を一定に保つようにしれが出され血管を縮めて血液をあまり流さないようにすることで皮膚表面の温度を低く保ち、体内の熱を外に逃がしやすくするのです。

冬場にある程度手や足先が冷たくなるのは当然のことですが、外気温の関係だけでなく手足の先端がかなり温まりにくく、慢性的に冷えていることを冷え性と言います。
(参考:薬と健康の情報局)


「冷え症」の原因

・自律神経の乱れ ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。
・皮膚感覚の乱れ きつい下着や靴などでからだを締めつけたりすると血行が滞り、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。
・血液循環の悪化 貧血、低血圧や血管系などの疾患がある人は、血流が滞りがちになります。
・筋肉量が少ない 女性は男性に比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも、女性に冷え症が多い原因の一つと考えられています。
・女性ホルモンの乱れ ストレスが多かったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血行の悪化などを促進することがあります。


「冷え症」を改善するには

体温が1度下がると、代謝が10~20%、免疫力が30%も低下するのです。

・朝起きたら体温より少し高い白湯を1杯飲む。 朝は1日の中で最も水分が失われているので「白湯(さゆ)」を吸収しやすく、体温が最も低いため白湯によって体が温まりやすいのだそうです。白湯を飲むことで胃や腸が温まり、腸管が活発に働き出し、代謝が上がり、熱が作られ、冷えにくい体質へと変化していくのだと言われています。
・体を中から温める食材で体質改善する。 

身体を温める食べ物 もち米、黒米、あずき、うど、かぶ、かぼちゃ、小松菜、さつまいも、シソの葉、たまねぎ、にら、にんじん、ピーマン、らっきょう、れんこん、あんず、くり、鶏肉、鶏レバー、あなご、いわし、えび、かつおなど

・生活習慣を改善する。
・入浴は38~40度くらいのぬるめの湯にゆっくりとつかる。
・頭寒足熱を心がける。
・無理なダイエットをしない。
・筋肉量をアップさせる 1日30分以上歩く。足には一般的に全身の約7割の筋肉が集中しているので、特に下半身を動かすストレッチなどは効果的です。


「むくみ」

血流に伴う静脈の詰まりやリンパ液の滞りなどが起こったときにあらわれるのが「むくみ」です。血流に伴う静脈の詰まりやリンパ液の滞りなどが起こったときに現れます。全身を流れている血液中の水分が、何らかの原因によって全身あるいは身体のある部分に留まってしまうのです。



「むくみ」の原因

運動不足、睡眠不足、偏った食生活、ストレス、冷え、長時間同じ姿勢でいることなどです。


「むくみ」の解消

上に挙げた「むくみ」の原因となるものを取り除けば、自然と「むくみ」は改善されます。それらを改善しても「むくみ」が続くようであれば、心臓や腎臓が弱っている可能性もありますので、一度専門医を受診することをお勧めします。

「冷え」と「むくみ」どちらも悩んでいる女性は多いですね。不快でもありますので、ぜひ解消してすっきりとした冬を過ごしましょう。





hotel_yubune20150221103906-thumb-815xauto-14691

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)